奇天烈(きてれつ) ガチダイブ》 [編集]

奇天烈 ガチダイブ R 水文明 (5)
進化クリーチャー:マジック・コマンド/グレートメカオー/侵略者 6000
進化−自分の水のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−水のコスト3以上のクリーチャー(自分の水のコスト3以上のクリーチャーが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札からクリーチャーを1体、このクリーチャーの下に重ねてもよい。そうしたら、カードを2枚引く。

DMR-20で登場した進化マジック・コマンド/グレートメカオー/侵略者

コスト3以上のクリーチャーを対象とした侵略サイクル文明担当。

cip手札クリーチャーを下に置くことで《エナジー・ライト》を放つ。自身の能力による手札消費を実質±0に抑える強力な能力である。コマンドを持つ分、《ガチャンコ ガチスカイ》の上位互換とも取れる。

同じエキスパンションに収録された《超奇天烈 ガチダイオー》とはデザイナーズコンボを形成し、侵略元になると同時にあちらのcipを強化することができる。

そしてこのクリーチャーの真価は、退化によって発揮される。
コスト6以下であるため同文明《龍脈術 落城の計》の対象となり、またcip手札から好きなカードを下に仕込めるため、召喚した次のターン退化することで《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》等の強力なクリーチャーを場に残すことができる。

また、S級侵略[宇宙]によってバトルゾーンを自在に動き回る《S級宇宙 アダムスキー》とも抜群の相性を誇る。
あちらの侵略元となりえるため、自身やコマンドが複数体並んだ状態で《S級宇宙 アダムスキー》S級侵略で動き回るたびに退化して下に仕込んだクリーチャーを展開でき、前述の《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《偽りの王 ナンバーナイン》等のロック能力を持ったクリーチャーを残していくことで《S級宇宙 アダムスキー》によるライブラリアウト戦術をよりスムーズに行うことが可能となる。

  • 上記の退化を用いた戦術は、コロコロアニキ5号でも「革命編の主流である進化を真っ向から否定する面白デッキ」として紹介された。
  • 胸部の操縦席には、ハカセと思しき人影が見える。

サイクル [編集]

DMR-20コスト3以上のクリーチャーを対象とした侵略サイクル
《奇天烈 ガチダイブ》のみレアカードで、他は全てアンコモン

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]