奇襲隊長(きしゅうたいちょう)ダブルレイザー》 [編集]

奇襲隊長ダブルレイザー UC 火文明 (4)
クリーチャー:ドラゴノイド 6000
W・ブレイカー
相手のクリーチャーの数が自分より多ければ、攻撃できない。

DMPP-06で登場したデュエル・マスターズ プレイスオリジナルカード。

名前のとおり《奇襲兵ブルレイザー》達の隊長であり、コストパワー打点が彼らの倍になっている。

攻撃できなくなるデメリットはそのまま引き継いでいるものの、4コストでパワー6000のW・ブレイカーというスペックはアタッカーとして申し分ない。
ただ、ビートダウン向きのカードであるが、赤絡みのガチガチの速攻は《ダブルレイザー》の召喚酔いが解ける5ターン目にはシールドが2枚も残っていないことが多い。
そのため【赤緑速攻】【赤白速攻】ではW・ブレイカーは活かしづらいだろう。青赤のビートダウンなどやや速度は落ちるが息切れしづらいデッキなどには合う。

自然文明を使ってビートダウンするなら、同コストにはより高いパワーの期待できる《レベリオン・クワキリ》も存在する。

同コスト帯ブロッカーのほとんどを超えるパワーを持つので、タップキル戦術に用いるのも一つの手。場を整えたあとはW・ブレイカーでフィニッシュに貢献できる。

  • カードイラストでは2体の《奇襲兵ブルレイザー》を引き連れている。TCG版には存在していなかったカードだが、デュエプレ時空には《ブルレイザー》に隊長が存在していて、それがカードとなったものだろう。《ブルレイザー》が転生したわけではないと思われる。
  • 《ブルレイザー》に”ダ”をつけてダブル(double)にしスペックを2倍にするという、なかなか凝った言葉遊びの入ったクリーチャー。フレーバーテキストのセリフも、「ちぇいやー」から「ぜいやー」とより力強く(?)なっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-06
    「ぜいやー!ぜいや、ぜいや、ぜぇいやー!!!」――奇襲隊長ダブルレイザー

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]