(はじ)まりの龍装具(りゅうそうぐ) ビギニング・スタート》 [編集]

始まりの龍装具 ビギニング・スタート P 光/闇/火文明 (3)
ドラグハート・ウエポン
これを装備したクリーチャーが光なら「ブロッカー」を、闇なら「スレイヤー」を与え、火なら、バトル中のパワーを+2000する。
自分のドラグナーすべての召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、自分の他のドラグハートをバトルゾーンに出していれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。
龍解後⇒《終わりの天魔龍 ファイナル・ジ・エンド》

DMBD-14で登場した//ドラグハート・ウエポン

装備クリーチャー文明によって得られる能力が変わる。
クリーチャー装備すればブロッカー付与装備すればスレイヤー付与ならバトル中+2000パンプアップと、装備したクリーチャーの色によって効果が発生し、どちらかを併せ持っていれば両方発揮する多色のドラグハート・ウエポン

また、常在時能力でドラグナー軽減を行う。
自然《龍覇 マリニャン》《龍覇 トンプウ》に装備してもコスト軽減は出来るが、いささか物足りないので光・闇・火のドラグナーに付けてやりたい。
特に条件にもなっている3色を持つ《最終龍覇 グレンモルト》《龍覇 グレンアイラ》なら全ての効果を発揮できる。間違いなくデザイナーズコンボだろう。

基本は相手のターンでも最低限干渉できるドラグナー優先か。対効果バトル殴り返しにも使いやすいドラグナーにも有用。
一方、スレイヤー付与は装備先が生き残ってこそ輝くコスト軽減の効果と相性が悪い。一応マッハファイタータップキルに対する反撃になるが。

龍解条件はターン終了ステップに、そのターン中に他のドラグハートを出していること。
コスト軽減でいち早く龍解を達成させることはできるが、軽減の数が少ないため基本的に2枚目の《ビギニング・スタート》を持ってきて、どちらか一方が生き残るようにすればいい。

環境において [編集]

登場早々【連ドラグナー】の主要ドラグハートの1つとして結果を残した。そちらのデッキでは事実上呼び出しの際にマナゾーンにあるカード文明を問わないのが魅力。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《龍覇 グレンアイラ》《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》を装備した場合、「ブロッカー」と「スレイヤー」と「バトル中のパワーを+2000する。」の全ての能力を得ますか?
A.はい、全ての能力を得ることができます。
引用元