崩壊(ほうかい)灼熱(しゃくねつ)(きば) [編集]

崩壊と灼熱の牙 UC 闇/火文明 (4)
呪文
このターン、相手のクリーチャーが破壊された時、相手は自分自身のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。その後、相手は自分自身のシールドを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

DM-11で登場した/呪文

唱えたターン中、相手クリーチャー破壊するたび、ランデスシールド焼却をする。

ランデスシールド焼却共に墓地に置くカードを選ぶのは相手。一度でも能力が誘発すればマナコストの元はギリギリ取れる計算だが、やはり何らかのコンボを組んで2回以上トリガーさせたい。

アンタップキラー+《無限掌》と組み合わせれば、必殺のコンボが決まる。《砕神兵ガッツンダー》《ゴウ・グラップラードラゴン》辺りが適任だろう。

逆に、既に《無限掌》を内蔵したクリーチャーアンタップキラーにするのも有効。
《超次元グリーンレッド・ホール》とは相性がよく、味方をアンタップキラーにしつつマナ回収でこのカードを拾うことができる。《エヴォル・ドギラゴン》《時空の精圧ドラヴィタ》は使いやすい。
条件付きだが、相手のクリーチャーを破壊しつつ擬似無限アタックのできる《大殺壊 ヘルセカイ》と合わせてもいいだろう。

欠点は破壊してナンボのため、【カリヤドネループ】のように全くクリーチャーを出さないデッキには効果が無いこと。また、このカード自体も4マナとやや重い。1マナの《無限掌》はともかく、他のカードとの併用するはやや難しいため、デッキビルディングは慎重に行いたい。

決まれば派手で強力な呪文なので、専用デッキを構築して活躍させたい(>【崩壊と灼熱の牙】)。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

崩壊と灼熱の牙 R 闇/火文明 (4)
呪文
このターン、相手のクリーチャーが破壊された時、相手の手札をランダムに1枚捨てさせる。その後、相手のランダムなシールド1つを墓地に置く。

手軽なランデスを規制するためかランデスランダムハンデスに変更された。レアリティレアになった。

サイクル [編集]

DM-11友好色多色呪文サイクル

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-08
    フェニックスが消え復興していく世界の中で、それに反発する勢力は密かに力を蓄えていたのだった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]