恐帝(きょうてい)接続(せつぞく) ネロ・グウルピオ》 [編集]

恐帝接続 ネロ・グウルピオ SR 光/闇/自然文明 (9)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド/ジュラシック・コマンド・ドラゴン/ナイト 12500
EXライフ
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、このターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを-5000する。
相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、相手は自身のアンタップしているクリーチャーを1体選びタップする。
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

DMRP-19で登場した//自然ディスペクター/エンジェル・コマンド/ジュラシック・コマンド・ドラゴン/ナイト

EXライフを持ちマナ召喚も可能なT・ブレイカー
cipで相手クリーチャー全員に-5000のパワー低下をかけ、相手クリーチャーが攻撃ブロックをするたびに相手に自身のアンタップしているクリーチャー1体をタップさせる。

目玉である相手の攻撃ブロックに反応して敵クリーチャーをタップさせる能力は、防御面で考えると実質的に攻撃回数を半減させる能力と言える。パワー低下と合わせて相手の攻撃の回数を大幅に減らせる。
攻撃面で考えるとこちらもブロッカーの数を半減させる能力として扱える他、タップキルにも使える。

マナ召喚のことを考えると、早期にマナ埋めすることでパワー低下をちらつかせて牽制し、隙あらばすかさず召喚、という使い方が主になるか。性質上、明らかにビートダウンには向いておらずコントロール向けと言える。

《零獄王秘伝 ZERO×STRIKE》とは相性が良く、パワー低下を連打することで除去範囲を大幅に広げることが出来る。タップ効果も重複するため、相手の攻め手を大きく制限させることが可能。

《零獄接続王 ロマノグリラ0世》と組み合わせて使うことを想定されているとみられる。
《ロマノグリラ》の効果で踏み倒すことで取り回しの悪さを軽減しつつ、パワー低下で《ロマノグリラ》のマッハファイターを通すことが出来る範囲を広げることが出来る。タップ能力も疑似的な攻撃誘導を持つ《ロマノグリラ》の生存性を上げることが期待でき、噛み合いは良い。

難点はコスト9という点。手打ちするには非常に重く、このクリーチャー能力が有効に働くビートダウンが相手であれば、出す前にゲームが終わっている事も少なくない。《灰燼と天門の儀式》などに対応していないのも運用を難しくしている。

対クリーチャー戦で力を発揮する能力なので、【カリヤドネループ】の様な場を並べない呪文デッキには効き目が薄い点にも注意。

その他 [編集]

《古代王 ザウルピオ《魔光大帝ネロ・グリフィス》の『接続』ディスペクター

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-19
    理屈を超えたパワーが、魔光を増幅する糧となる。

収録セット [編集]

参考 [編集]