恐怖(きょうふ)(かげ)スクリーム・アサシン》 [編集]

恐怖の影スクリーム・アサシン R 闇文明 (6)
クリーチャー:ゴースト 4000
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分のドラゴンまたはドラゴノイドがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにあるパワーの一番小さなクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地に置く。

DM-08で登場したゴースト

ドラゴンドラゴノイドバトルゾーンに出るたびに、パワーの一番小さいクリーチャー破壊していく。まさにアサシン(暗殺者)と言ったところである。

ターン終了時に手札に戻る事を利用して、《バザガジール・ドラゴン》《襲撃者エグゼドライブ》《紅神龍ガルドス》等とは合わせやすい。

ただし「相手の」などという注釈がないので自軍にも被害が及び、特に出したクリーチャーのパワーが一番低い時はそのクリーチャーが即破壊されてしまうので注意。もちろんこのクリーチャーのパワーが一番低いなら自爆してしまう。
これよりパンプアップしないと破壊できるボーダーは4000となり、かなり心許ない。味方のファイアー・バードを狙い撃った挙句自害など、目も当てられない事態を起こしかねない。

ドラゴノイドも優秀なものはウィニーに多いため効果はあまり期待できず、ドラゴンをベースにするなら最初から《ボルシャック・スーパーヒーロー》《国士無双カイザー「勝×喝」》あたりで吹き飛ばす方が楽。

一応《マキシマム・ディフェンス》《雪要塞 ダルマンディ》などでアシストできなくもないが、ただ出しただけでは仕事をしないので効率が悪い上そこまでする必要性も感じない。非常に使いづらい能力であり、ほとんど使われないであろう。

  • 効果は強制。2体以上あれば好きな方を選ぶ。
  • パワーの一番小さなクリーチャーが1体だけで、しかも「選ばれない」(アンタッチャブル)場合、次に小さなクリーチャーを選ぶ事はできず、効果は無効になるという裁定が下っていた。しかし《戦力外通告》の登場により裁定が見直され、パワーの一番小さなクリーチャーがアンタッチャブルだった場合でも破壊できるようになった。ただし《戦力外通告》と同じく、パワーの一番小さなクリーチャーが複数いた場合は、アンタッチャブルを選ぶことはできない。
  • イラスト左上には《単車男》の姿がある。この2枚はフレーバーテキストも対になっている。
    余談だが、DM-08のイラストでは後ろの《単車男》は右腕を上に上げているが、DMC-13のイラストでは上に上げていない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

恐怖の影スクリーム・アサシン R 闇文明 (6)
クリーチャー:ゴースト 3000
自分のドラゴンまたはドラゴノイドがバトルゾーンに出た時、相手のパワーが一番小さなクリーチャーを1体破壊する。(複数あるなら、その中からランダムに1体)

DMPP-02に収録、パワーこそ3000に弱体化したものの、破壊するクリーチャーが相手のみになった。これにより《凶戦士ブレイズ・クロー》などのような小型ドラゴノイドの大量展開からの相手クリーチャー殲滅や、《襲撃者エグゼドライブ》と組み合わせて繰り返し使うといった、TCG版にはできない戦術を取ることが可能となっている。

関連カード [編集]

イラスト関連 [編集]

サイクル [編集]

DMPP-02の相手のパワーが一番小さいクリーチャーを対象に効果を発動するクリーチャー

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]