悪魔聖霊(あくませいれい)バルホルス》 [編集]

悪魔聖霊バルホルス VR 光/闇文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド 6000
ブロッカー
相手のクリーチャーはすべて、可能であれば毎ターン攻撃する。
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがブロックした時、バトルの後、このクリーチャーをアンタップする。

DM-13で登場したエンジェル・コマンド/デーモン・コマンド

高い制圧力を持つ無限ブロッカー

《ファントム・ベール》のような攻撃強制能力を持ち合わせ、1枚で相手のパワー6000未満の攻撃できるクリーチャーをすべて破壊できる。
1枚で膨大なフィールドアドバンテージを稼ぐことができ、バトルゾーンに存在するだけで、相手は迂闊にパワー6000未満のクリーチャーを出せなくなる。

パワー6000のブロッカーなので《無双竜鬼ミツルギブースト》《威牙の幻ハンゾウ》《爆竜 GENJI・XX》であっさり倒されたり、後半になると相手の大型に対処できなくなるなど脆い部分も多い。パンプアップ《ピュアキャット》などでなんとか守ってやりたい。
事前に《光陣の使徒ムルムル》《光器ペトローバ》などを召喚しておいたり、《無敵城 シルヴァー・グローリー》を建てておくのが強力で、いずれも文明なのでデッキに無理なく投入できるのも利点。

アンタップするタイミングは「ブロックした時、バトルの後」なので、バトルに負けても《グランドクロス・カタストロフィー》などで場に残ればアンタップできる。
一方《無謀鉄人チョイヤ》などをブロックした場合はバトルが行われないので、アンタップできない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

悪魔聖霊バルホルス SR 光/闇文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド 6000
ブロッカー
W・ブレイカー
ブロックした時、バトルの後でアンタップする。
相手のターン終了時、相手の召喚酔いしていない、アンタップしているクリーチャーをランダムに1体破壊する。

無限ブロッカーやパワー6000という主要能力には変更はなく、自己攻撃制限の削除とW・ブレイカーの追加、相手への強制攻撃が半強制攻撃に変更になった。

  • 変更前は、攻撃できるクリーチャー(≒召喚酔いしていないクリーチャー)は、相手のターン終了時にすべてタップされているか、既にバトルゾーンを離れているかという状態になる。
  • 変更後は、召喚酔いしていないクリーチャーは攻撃はしなくてもよくなったものの、攻撃しないとアンタップのままで、ターン終了時に誰か1体が破壊されてしまうこととなる。また、ブロッカー等の攻撃できないクリーチャーを破壊するようになった。

強制攻撃の削除につき、【青緑ブリザード】などのパワー6000未満ばかりを並べるデッキを1ターンで全滅できなくなっている。

こちらでも変わらず《無謀鉄人チョイヤ》の攻撃をブロックした場合、アンタップできない。

意外とW・ブレイカーでプレイヤーを攻撃できるようになった点は大きく、相手のクリーチャーを縛るだけの仕事の他に終盤には打点になるので、バトルゾーン7体制限を圧迫せずコントロールができる。

DMPP-08では、【ヘブンズ・ゲート】でもこのクリーチャーの優先度は大きく落ちた。
パワー6000未満のクリーチャーがガンガン攻撃してくるなら、S・トリガーからの《ヘブンズ・ゲート》《バルホルス》で試合を決めることができるが、相手が攻撃しない横並び《センチネル・ドラゴン》など)には手打ち《ヘブンズ・ゲート》しかできず、かつそのようなデッキには大抵間に合っていない。
雑に殴るビートダウンには《衝撃のロウバンレイ》が自然と採用されるため、この1体で特定のデッキを完封するということはできなくなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]