(あい)無限(むげん)オーケストラ》 [編集]

愛の無限オーケストラ SR 光/水/闇/火/自然文明 (5)
進化クリーチャー:エイリアン 15000
超無限進化−光・水・闇・火・自然がすべて揃うように自分のクリーチャーを1体以上選び、その上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、自分の山札の上から3枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中から好きな枚数の多色クリーチャーをコストを支払わずにバトルゾーンに出し、好きな枚数の多色呪文をコストを支払わずに唱える。その後、残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
T・ブレイカー

DMR-04で登場した5色レインボー超無限進化エイリアン

攻撃時にメテオバーン進化元を1枚捨てれば、山札の上から最大3枚の多色カードコスト踏み倒しできる。

このクリーチャーが5色レインボーであり、能力の性質上デッキ多色を多めに入れなけばならないため、必然的に5色デッキで使用することになる。その性質上、デッキはなるべく多色の割合を高めておきたいため、【5色フェアリー・ミラクル】とは非常に相性がいい。
そこそこ厳しい進化条件も、《時空の支配者ディアボロス Z》を代表とした多色サイキック・クリーチャーや、《極みの香!イタダキマツタケ》スペース・チャージを使えば比較的苦労せずに進化元を用意出来る。
《母なる星域》《湧水の光陣》等のコスト踏み倒しが使えるので、それらを使って出してやるとよい。

同弾の《勝利のガイアール・カイザー》《勝利のリュウセイ・カイザー》《勝利のプリンプリン》は3つの文明を持っているので進化元にうってつけ。その他には《激天下!シャチホコ・カイザー》《激相撲!ツッパリキシ》も使いやすい。
5色レインボーでは出しやすい《超越男》バトルゾーンで全ての文明になる《虹速 ザ・ヴェルデ》も狙い目となる。
《湧水の光陣》を使うなら《戦略のD・H アツト》を使うと良いだろう。進化元墓地肥やし事故対策など、能力を活かし易い。また、《湧水の光陣》で出せる《星龍パーフェクト・アース》を使ってみるのも一興か。

このクリーチャーを使う上での一番のネックは、進化しやすいよう軽量多色クリーチャーを多めに入れれば爆発力が下がり、《ラスト・バイオレンス》ゼン&アクといったカードパワーの高い多色カードを増やせば事故率が格段に上がるというジレンマである。

専用デッキを組む際はこの点を考慮する必要があるだろう。

  • 《覇王類虹色目 イメン=ボアロ》も好相性。染色によって捲ったカードを必ず全て出せるようになる上、進化元も5色化で確保してくれる。加えて、マナに《オーケストラ》があれば踏み倒す事が可能なのも見逃せない。
  • メインデッキに入るカードとしては、10種類目の5色レインボーである。これにより、5色レインボーだけでデッキを組むことが出来る様になったが、当然だが、マナゾーンに何枚カードを置いても生み出せるマナは増えないため、ジャンクデッキにしかならない。
    • 一応《友情の誓い》が登場したことによってそのようなデッキを動かすこと自体は可能になったが、5ターン目まで何もできず、《友情の誓い》を除去されれば詰む上、そこまでしても《オーケストラ》は進化元の関係で6ターンかけないと出せない。
  • 「コストを支払わずにバトルゾーンに出し」とあるが、召喚と違いバトルゾーンに出すはコストの支払いが不要である(そもそも支払うタイミングが存在しない)。そのため「コストを支払わずに」という文字列は注釈文程度の機能しか持たない。
    • 通常、「コストを支払わずに」の後に続くテキストは「召喚する/してもよい」であるため、エラッタの可能性も考えられる。
  • 派手な能力を持つカードだが、DMR-04に収録されているスーパーレア以上のカードは汎用性の高いカードが多く、同弾の中ではハズレ扱いされる事が多い。シングルカード市場における価格も他と比べてとりわけ高くもなく、やや不憫である。ただし、ロマン溢れる能力と派手さを持つため、専用デッキを組めば十分に活躍してくれる。安価で入手できるのはむしろありがたいことだろう。

ルール [編集]

複数の多色クリーチャー、多色呪文を唱える場合、《天上天下双極∞》《甲型龍帝式 キリコ³》らとは違ってあらかじめ使用宣言する必要はなく、どこでもないゾーンで処理を待機した状態にもならない。直で1枚ずつ山札から踏み倒していく。
そのため《ラスト・バイオレンス》等でデッキをシャッフルした場合、その後他のカードを踏み倒す事は出来ない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]