戯具(ギーグ) グリデンデ》 [編集]

戯具 グリデンデ C 水文明 (3)
クリーチャー:マフィ・ギャング/チーム零 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。その後、バトルゾーンに自分の闇のクリーチャーがあれば、相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。

DMRP-16で登場したマフィ・ギャング/チーム零

cipで1ドローし、さらにバトルゾーンに自分のクリーチャーがいれば相手に1枚セルフハンデスさせる能力を持つ。

簡単な条件でクリーチャーを残しつつ《ブレイン・タッチ》に近いアドバンテージを得られる。セルフハンデスなので相手の戦略を乱す力はやや弱いとはいえ凶悪な能力である。

ただ、低コストのハンデスは最序盤から連打してこそ強力なので、事前に準備が必要なこのカードはハンデスデッキよりはクリーチャーコントロール系のデッキと相性が良い。

《戯具 ドゥモグラ》からは2→3と繋がる上に、セルフハンデスの条件を満たすこともできる。《ルソー・モンテス/法と契約の秤》も相方に良いかもしれない。

  • モチーフは、「でんでん太鼓」。

関連カード [編集]

サイクル [編集]

DMRP-16単色チーム・王国クリーチャーサイクル。
種族に各陣営を持っており、もう片方の文明を持つ自分のクリーチャーがバトルゾーンにあれば、追加効果が発生する。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]