日曜日よりの使者(ビューティフル・サンデー) メーテル》 [編集]

日曜日よりの使者 メーテル P 水/火文明 (4)
クリーチャー:アウトレイジ 3000
自分がカードを1枚引く時、1枚のかわりに、2枚引いてから自分の手札を1枚捨ててもよい。

週刊少年サンデー2013年20号付録として登場した/アウトレイジ

自分の1ドロー《エマージェンシー・タイフーン》に変えることが出来るシステムクリーチャー。もっぱら、手札交換墓地肥やしなどで利用されるだろう。

ターンのはじめに1枚引く時はもちろん、《エナジー・ライト》などで複数枚引く時にも、その1枚1枚に能力を適用させることができ、なかなか便利である。

似た役割のクリーチャー《蒼神龍ヴェール・バビロニア》《起源神エレクトロン》が存在する。ほとんど意味は変わらないが、上記のカードとはテキストが微妙に異なり、「かわりに」を含む一文が「捨てる」まで拡大している。そのため、上記カードでは可能だったマッドネスとのコンボには使えない。置換効果の項目も参照。また、複数枚ドローするときも、そのテキスト上、まとめて引いてまとめて捨てることはできず、1枚ドローごとに2枚引いて1枚捨てるを繰り返す。

今までのこういった能力は5コストであることが多かったため、それらより1ターン早く効果を使えるのは、小さくない利点である。
特に《スクランブル・タイフーン》《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》に綺麗に繋がる点が大きく、大量の墓地肥やしにより《百万超邪 クロスファイア》、大量ドローにより《天災超邪 クロスファイア 2nd》を踏み倒せる。またドローする枚数を増やせる分、それらのクリーチャーを手札に引きこみやすくなるのもメリット。

他にもアウトレイジには《疾封怒闘 キューブリック》《暴走龍 5000GT》など相性の良いクリーチャーが存在するので、種族デッキで組み合わせてみるのも一興か。

ただし、4マナ域は《ドンドン吸い込むナウ》《父なる大地》などの軽量除去が飛び交うコスト域であるため、それらには気を付けたい。

  • 元ネタは、ロックバンド「↑THE HIGH-LOWS↓」の楽曲「日曜日よりの使者」からだと思われる。このカードを付録する雑誌が「週刊少年サンデー」であることから連想されたのだろうか。また、名前は松本零士のSF漫画「銀河鉄道999」のヒロインのメーテルからだろう。
  • アニメ「デュエル・マスターズ!」47話では乗客として銀河海浜鉄道に乗った。その後イメージシーンが複数描かれ、アイキャッチでも登場。
  • フレーバーテキストにおける「毎日が日曜日」には無職の意があるが、ネームや言い回しから考慮すると「君となら平日でも日曜日のように幸せである」の意であると思われる。恋愛作品などではよく使われる言い回しの一つ。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の手札が5枚あります。バトルゾーンに自分の《結晶龍 プロタゴニスト》《日曜日よりの使者 メーテル》がバトルゾーンにいる状況です。ターンのはじめの1枚目を引く時、《結晶龍 プロタゴニスト》の置換効果で手札をシャッフルして山札の一番下に置きました。《結晶龍 プロタゴニスト》の「その後」以降の能力でカードを6枚引く際に《日曜日よりの使者 メーテル》の置換効果をそれぞれ適用できますか?
A.いいえ、《結晶龍 プロタゴニスト》《日曜日よりの使者 メーテル》がバトルゾーンにいる状況で1枚目のカードを引く場合、どちらか片方の置換効果しか適用できません。(総合ルール 609.8)
引用元

ルール質問掲示板
※以下の回答は回答当時に有志によって行われたものです。そのため回答に間違いがある場合や、現在の裁定とは異なる場合があります。

Q.《侵入する電脳者 アリス》のコスト7以上のほうの能力に《日曜日よりの使者メーテル》の能力は適用できますか?
A.できます。
回答日時:(2020-05-31 (日) 01:11:24)