星龍(せいりゅう)パーフェクト・アース》 [編集]

星龍パーフェクト・アース SR 光/水/闇/火/自然文明 (5)
クリーチャー:ワールド・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
自分の手札に加えるシールドカードすべてに「S・トリガー」を与える。

DM-27で登場したワールド・ドラゴン

「自分のシールドはすべてS・トリガーとなる」という、デュエル・マスターズプレイヤーの多くが1度は願ったであろう夢を初めて実現させたカード。

相手からするとシールドブレイクすればほぼ確実にコスト踏み倒しで何らかのカードを使用されてアドバンテージ差が大きく開くため、非常に攻撃しにくい。
というより、残りシールドが1〜2枚ですぐにトドメを刺せる状況でもない限り、このカードをどうにかする前にシールドへの攻撃を行うのは得策ではなく、ある意味攻撃に対するロックとも言える能力になっている。

5色レインボーなので普通に手札から召喚するには骨が折れるが、比較的軽いため《指令の精霊龍 コマンデュオ》《湧水の光陣》《邪帝斧 ボアロアックス》などのコスト踏み倒しカードを使えば楽にバトルゾーンに出せる。
もしくはドラゴンであることを活かして、《ドラゴンズ・サイン》など数多くあるコスト踏み倒しカードを使うのもあり。あるいは《薫風妖精コートニー》《エンレメン》で染色したり、コスト6以下なので《蒼き団長 ドギラゴン剣》ファイナル革命で踏み倒せるなど以前と比べて大分召喚しやすくなった。

  • なお、登場時のルールでは《コッコ・ルピア》などでマナコストを下げると、「文明の数>マナコスト」となる関係で5色レインボーを使わなければ召喚することができなくなっていた。現行のルールでは召喚自体はできるのだが、きちんと指定された文明のマナ全てを使わなければいけないため基本的にコストは下がらないので注意。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

星龍パーフェクト・アース SR 光/水/闇/火/自然文明 (5)
クリーチャー:ワールド・ドラゴン 6000
自分の手札に加えるシールドカードすべてに「S・トリガー」を与える。
攻撃する時、カードを1枚引く。その後、自分の手札1枚をシールド化する。
W・ブレイカー

新たにアタックトリガーで1ドロー+《ホーリー・メール》を獲得した。

単なる山上からのシールド追加の上位互換である。
仮に手札が0枚の状態であり、引いたカードをそのまま置くだけの場合でも、その中身を知ることができる。TCG版とは異なりオブジェクト確認で自分だけ情報を見ることができるので記憶の必要もない。
更に手札の多さは選択肢の多さとなり、それらの中から好きなカードをシールドに仕込める。
現時点ではデュエプレには存在しないが、《デュエマの鬼!キクチ師範代》のようなメタカードが登場しても、山札から手札への移動はほぼ規制されないアクションなため、安泰な効果といえる。

システムクリーチャーとしても、デュエプレのマナ仕様では5色揃えるのは比較的容易であり、《フェアリー・ミラクル》込みで4ターン目に出すこともできるだろう。除去カードが少ないビートダウン相手にはかなりの圧力をかけることが出来る。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 0ブーストでも文明解放のおかげでカードをプレイできるようになった、あるいは「5色レインボーをマナゾーンに置くことが前提となっている」デッキ構築であるなど