(とき)革命(かくめい) ミラダンテ》 [編集]

時の革命 ミラダンテ LEG 光文明 (8)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍 13500
進化−自分の光のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。それらは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。
革命0−自分のシールドが1枚もなければ、相手はクリーチャーを召喚できない。

DMR-18で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍進化クリーチャー

cipで相手クリーチャーを全フリーズし、革命0で相手の召喚を禁止する。

革命0が決まれば召喚攻撃もできず、相手プレイヤーの時を止めることが可能になる。
いかにシールドを0にし、コスト8まで貯めるかについては、同弾に収録された《時の玉 ミラク》で序盤の攻撃を凌ぎつつ、シールドを調整できる。
だが序盤から攻撃をしないコントロールデッキには役立たないので、その場合のために他のシールドを減らす手段も用意しておきたい。

のみだとシールドを削る手段がエスケープ《百獣聖堂 レオサイユ》ぐらいしかないので、《燃える革命 ドギラゴン》と同じく《逆転のオーロラ》を使用して強引に削るのもよいだろう。

また禁止するのは召喚のみであり、呪文召喚以外のコスト踏み倒しは封じることができないので注意。特に超次元呪文からの《勝利のガイアール・カイザー》は要警戒である。
呪文を禁止するカード《時間龍 ロッキンスター》が同時に登場している。こちらは革命2で封じられるので《ミラダンテ》が場に出ている時には革命を発動させられるだろう。
この場合、呪文だけは封じることができないので、デッキによっては《偽りの王 ナンバーナイン》の採用も考えたい。
その後、DMR-20G・ゼロの条件が緩く呪文も封じられる《ミラクルストップ》が登場したことにより、容易にタイムストップデュエルによるロックが可能となった。

先にクリーチャーを封じるか、呪文を封じるかは相手のデッキタイプを見てしっかり考えよう。

cipによる全フリーズ革命能力ではないので相手の場にクリーチャーが多ければとりあえず出しておいてもよいだろう。革命能力常在型能力なので《燃える革命 ドギラゴン》のように何も能力を発動できないからといって召喚を躊躇う必要もない。

革命編環境ではcipによる全フリーズと革命0による召喚禁止は【速攻】相手に相性が良いため、対速攻カードとしてトリガービートに採用されていた。

その後は《時の法皇 ミラダンテXII》の登場によってより手軽に召喚ロックできるあちらに立場を譲るようになったが、DMRP-06期に《煌メク聖戦 絶十》型の【サッヴァーク】が成立すると、シールドが0枚になって裁きの紋章シールドゾーンに置けなくなった時の保険として偶に利用されるようになった。

  • コロツアーで川崎大輔氏が発売に先駆けて使用。当日の勝率は8割だったそうだ。
  • 歴代のトップレアと同じくシークレットカードが存在する。全てアルトアートであり、SD体型にデフォルメされたもの、Dramatic Cardのように「TIMESTOP」の文字が書かれたもの、全身が赤色と金色に輝いているものの3種類がある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《時の革命 ミラダンテ》の効果で自分はクリーチャーを召喚できなくなっています。この状況で《暗黒鎧 ザロスト》の「自分のターンのはじめに」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。召喚を禁止されていても、能力によってバトルゾーンに出すことはできます。
引用元