(あかつき)守護者(しゅごしゃ)ファル・イーガ》 [編集]

暁の守護者ファル・イーガ R 光文明 (5)
クリーチャー:ガーディアン 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分の墓地から呪文を1枚選び、自分の手札に戻してよい。

DM-02で登場したガーディアン
cip能力により墓地呪文回収できる。

最初に出た呪文回収能力を持つカードで、同型能力のコストの基本になっている。
呪文をサルベージできるカードは意外と少なく、初期のコントロールでは重宝された。

2006年全国大会オープンクラスではこれを2枚投入した【除去サファイア】が準優勝を果たしている。

しかし、現在は以下の後輩たちに出番を取られがち。
デッキの構成が限られるが複数回収できる可能性を持つ《神託の守護者ミント・シュバール》、4コストでブロッカーナイト《魔光王機デ・バウラ伯》、同じく4コストでS・トリガーを持つ《天雷霊騎サルヴァティ》などが使われることがほとんどである。

更にDM-32にて、種族ライトブリンガーオリジンが追加されて4コストになった《黙示聖者ファル・レーゼ》が登場した。
そちらのパワーはこちらの半分だが、基本的にこの手のクリーチャーはパワーよりも軽さの方が重要視されるため、このカードの役目はほぼ終わったといえる。

中途半端なパワーの高さで5コストにされたのが仇となったといえるだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]