暗黒(あんこく)GUY(ガイ)・ゼロ・ロマノフ》 [編集]

暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ハンター 8000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、自分の墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
このクリーチャーが攻撃する時、コスト6以下の闇の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を自分の山札の一番下に置く。
W・ブレイカー

DMX-04で登場したダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ハンター

端的に言うと、ナイトからハンターになった《邪眼皇ロマノフI世》。そちらの相互互換であり、種族カード名以外は同一である。

cipで自分の山札からカードを1枚墓地に落とし、アタックトリガーで自分の墓地からコスト6以下の呪文唱える

本家と同じく、自分で落としたのカードを自分でコスト踏み倒しできるという安定したスペックを持つ。

唱えられる6コスト以下の呪文も、《デーモン・ハンド》《地獄門デス・ゲート》《魔天降臨》《ガチンコ・ジョーカー》など多岐にわたる。もちろん《超次元リバイヴ・ホール》《超次元ミカド・ホール》などの超次元呪文も範囲に収まっている。

本家《邪眼皇ロマノフI世》と同じく《煉獄と魔弾の印》との相性は抜群。そちらでリアニメイトすれば召喚酔いしないので、すぐさま攻撃してcipで落とした別の《ゼロ・ロマノフ》をコスト踏み倒しできる。

落とすカードは呪文に限らず、クリーチャーを落として《インフェルノ・サイン》リアニメイトすることも可能。《黒神龍グールジェネレイド》を落として除去を牽制してもいい。

基本的なスペック本家と同じ。種族を考慮しなければ《邪眼皇ロマノフI世》と《暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ》の両方を入れることで、《天使と悪魔の墳墓》の対策が出来るようになった。

もちろん、ハンターであることを活かしたデッキでも採用できる。種族ハンターを持ったことで、《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》《スーパー・ゴーオン・ピッピー》《大魂蟲オオ・ヘラクレス》《ドラゴンフレンド・カチュア》などの優秀な種族サポートを受けることができる。

《煉獄と魔弾の印》と同じく《ミラクル・リ・ボーン》との相性は格別であり、自身の能力《ミラクル・リ・ボーン》を使いまわすことで、次々とハンターリアニメイトできる。(>【ロマノフリボーン】

超次元呪文を唱えることで、サイキック・クリーチャーを途切れなく呼び出せる強みは、本家から変わらない。

サイキック・クリーチャーには《ヴォルグ・サンダー》《ガイアール・カイザー》などの強力なハンターが増えつつあり、それらとハンターの種族サポートを共有できる点では《邪眼皇ロマノフI世》を上回っていると言える。

専用デッキの【ロマノフリボーン】では存分に活躍してくれるだろう。

  • 基本スペックが原種と全く一緒でありながら入るデッキが異なってくることから、デュエル・マスターズの種族の重要性が顕著に表れている1枚と言える。

相互互換 [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]