暴走龍(ライオット) 5000GT(ジーティー) [編集]

暴走龍 5000GT VIC 火文明 (12)
クリーチャー:アウトレイジ 12000
このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、サイキック・クリーチャーを全て破壊する。その後、パワー5000以下のクリーチャーを全て破壊する。
誰もパワー5000以下のクリーチャーを召喚できず、サイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。

DMX-14で登場したビクトリーを持つアウトレイジ

自分の墓地クリーチャーの数だけ自身の召喚コストを減らすスピードアタッカーT・ブレイカー
cipサイキック・クリーチャーすべてとパワー5000以下すべてを破壊し、バトルゾーンにいる限りサイキック・クリーチャーの登場とパワー5000以下の召喚ロックする。

cip常在型能力が組み合わさることで、ほぼ完全にサイキック・クリーチャーパワー5000以下の存在を抹消することができる。【オール・イエス】のようなデッキはほぼ何もできなくなり、【速攻】も大半が沈黙してしまう。

これは、単純にバトルゾーンを制圧するだけでなく、《凶殺皇 デス・ハンズ》などのS・トリガー獣による安易な逆転や、シノビブロッカーによる防御《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》などによる除去など、様々な相手の行動を封殺できることを意味する。
その他、マナ爆誕召喚であるため封じることができる。このカードがいるだけで殆どのマナ爆誕を使えなくなる。

非常に強力な能力を持つ分、コストは12とかなり重い
しかし、自力でコスト軽減出来るため、この点はあまり気にならない。墓地に落ちているクリーチャーの種類は問わないので、軽減は容易。定番の《戦略のD・H アツト》《スクランブル・タイフーン》も気軽に利用できる。
またコスト踏み倒しに対して何の制限も無いため、《獰猛なる大地》《魔龍バベルギヌス》といったカードで呼び出すのも良いだろう。

パワー12000のスピードアタッカーかつT・ブレイカーと基本スペックにも優れており、上記のcip常在型能力が意味を成さない状況においても、十分にフィニッシャーとして運用できる。
墓地にカードが多く貯まる中盤から終盤にかけての奇襲性能は強烈で、場合によっては複数体並べることも可能である。
特に終盤での引きが勝敗に直結するS・トリガーやシノビなどをほとんど封殺してしまうので、それを複数並べることができたなら勝利はほぼ決まったようなものである。

ルール [編集]

  • オレガ・オーラをプレイする際に、新たにGR召喚を行うことを選んだ際に超GRから捲れたGRクリーチャーがこのクリーチャーの能力でGR召喚できない場合は、オーラはバトルゾーンに出せなくなり、手札に残る。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

環境において [編集]

登場以来《百万超邪 クロスファイア》とともに【墓地ソース】のような墓地肥やしを活用するデッキのエースとして活躍している。
これだけのスペックのクリーチャーが小型〜中型程度のコストで登場しつつウィニーを蹴散らし、一瞬でシールドを割って相手を追い詰めるその様は、まさにビクトリーに相応しく、非常に高いカードパワーを持つカードと言える。

エピソード3環境からドラゴン・サーガ環境にかけては【ミステリー・キューブ】にしばしば投入され、出す手間との比較云々を抜きにして抜群のカードパワーを持つファッティとして認識されていたと言える。墓地肥やしデッキ相手に破壊しても、すぐに墓地回収され、ターボデッキ相手にマナ送りにしても《獰猛なる大地》で出されるのがオチであった。一番効くのはシールド送りであった。特に《超次元ガード・ホール》ロックを解除しつつ《時空の封殺ディアス Z》を出して相手の墓地を減らしに行くことができるため、超次元主体のデッキでは一番の対策カードと言えた。

革命編以降は《凶殺皇 デス・ハンズ》《閃光の守護者ホーリー》など強力なS・トリガークリーチャーが増えたので刺さる相手は多くなっている。しかし、先述のとおり革命0トリガーの登場もあったため、一概に有効だと言い切れないこともまた1つの事実である。一方で、同じく革命編で登場した《伝説の禁断 ドキンダムX》の弱点である《斬隠オロチ》への対策として、また封印解放による墓地肥やしとの相性の良さを買われて【レッドゾーン】に採用されるケースもあった。

《蒼き団長 ドギラゴン剣》が無制限の頃から【赤黒ドギラゴン剣】の隠し味として1枚から2枚入るケースもあった。例えば封印からクリーチャー5体が墓地に落ちていれば7コストで召喚できるため、巨大な《単騎連射 マグナム》という感覚で召喚しても悪くない。《伝説の禁断 ドキンダムX》特殊敗北能力もこのカードのロック能力によってカバーできるため、比較的安心して《伝説の禁断 ドキンダムX》を禁断解放させてブレイクに参加させることができる。《蒼き団長 ドギラゴン剣》殿堂入り後は4枚フル投入されるケースもそこそこ見られるようになった。

双極篇で墓地肥やしツインパクトが続々登場して【墓地ソース】が大幅強化され、超天篇《滅亡の起源 零無》を取り入れた【零龍墓地ソース】が成立。これにより、3ターン目に比較的安定して召喚できるようになった。後述の様にGRクリーチャーに非常に刺さるため、それのメタカードとしても機能した。

長らく、【墓地ソース】では主役カードであり4枚積みが当たり前であったが、十王篇で新たに構築された【アンダケイン墓地ソース】ではビートダウンする必要がなくなり、S・トリガー獣をケアするという役割が失われたため、4枚積みされなくなり、最悪1枚も投入されないなんてことも。

防御札との関係 [編集]

このクリーチャー存在下で出せる防御札

GRクリーチャーとの関係 [編集]

その他 [編集]

  • 「ライオット」の意味は「暴動」。「GT」は自動車カテゴリの一種「グランツーリスモ」だろう。ちなみにマセラティ社が制作したスポーツカーに「5000GT」という名前のものが存在する。また、「GT」は greater than (より大きい)の略語として使われることもあり、パワー5000より大きいクリーチャーしか存在を許さないこのカードの特徴を表している。
  • 名前に「龍」という文字があるが、アウトレイジなので、ドラゴンではない。しかし、「龍」という文字があることは、もともとの種族ドラゴンであった可能性がある(アウトレイジはもともと別の種族から転身した者が多いと推測されている)。
  • DMX-14版のフレーバーテキストは、墓地にカードが貯まるほど召喚コストが軽くなるこのクリーチャーの性質を端的に表しており、死んだ仲間の力を借りて戦場に降り立つヒロイックな内容となっている。
  • アニメ「ビクトリーV3」では、芸術家の桜田(CV:津田健次郎)が、自身の芸術を認めない社会に対し、このクリーチャーの武器を使い、最新アート建築を次々と改変していた。浄化後は勝太の新たなパートナーの1枚として活躍している。声優は徳石勝大氏。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-14
    あまたの屍を乗り越え、暴走する。

収録セット [編集]

参考 [編集]