(つき)(かたど)るデスサイズ》 [編集]

月を象るデスサイズ SR 光/闇文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/月光王国 7000
ブロッカー
W・ブレイカー
自分の他のクリーチャーすべてのパワーを+2000する。
<オシオキムーン>カードが自分のシールドゾーンを離れた時、このターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを–2000する(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMEX-14で登場した/エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/月光王国

自身以外の味方クリーチャー全体に+2000のパンプアップ能力を持つブロッカー
さらにオシオキムーンで相手クリーチャー全体に-2000のパワー低下を行う。

パワーラインは《“轟轟轟”ブランド》《DROROOON・バックラスター》に焼かれない及第点。

シールドカードが1枚離れるごとにパワーが2000低下するためウィニーを並べる相手に刺さる。
一度に5枚も離れれば-10000となるため生半可なパワーのクリーチャーでは相手は迂闊に1ショットキルできなくなるだろう。

パワー低下を駆使すればコスト踏み倒しメタである《異端流し オニカマス》にも一矢報いることができるかもしれない。
《煌龍 サッヴァーク》があればコスト踏み倒しで《月を象るデスサイズ》を出せば、相手がバウンスを選んだとしても置換効果でとどまり、自分のシールドを対象にすれば-2000も発動できることになる。
他にも、《ヘブンズ・ゲート》《音感の精霊龍 エメラルーダ》と同時に出せば、すぐに相手全体を-2000できる。

ただし、このカードの肝となるパワー低下は「カードが自分のシールドゾーンを離れた時」である。

相手のシールドブレイクごとに-2000させたい速攻相手には6コストは対策札としては重い。同弾収録の《魔王と天使のサイン》で踏み倒しながらオシオキムーンを1回発動させることはできるが、自分にシールド焼却して-2000であり採算が合う保証はない。
中速に対しても、革命チェンジ侵略を用いて早期に大型を立てて殴ってくることが多いため、能力が活きづらい。

相手のブレイクは度外視して、《ヴァリアブル・ポーカー》などシールド交換自体にバリューを与えるシステムクリーチャーとして使う運用でも、《月に彷徨うアビス》《月の魔法ツカイ》《冥界を統べる新月のハーデス》など競合相手がいる。
トリガー能力のため、オシオキムーン発動後にバトルゾーンに出るクリーチャーはパワー低下していない。もし《凄惨なる牙 パラノーマル》同様、常在型能力だったとしたら話は変わっていたことだろう。

ブロッカーデーモン・コマンドであり、《クリスティ・ゲート》および《ヘブンズ・ゲート》の対象である。同様の《「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード》《悪魔聖霊バルホルス》との相性がかなり良い。またブロッカーではないが《偽りの羅刹 アガサ・エルキュール》との相性も非常に良く、相手が何かする度にこのカードのオシオキムーンが発動する。

オシオキムーンの定めだが)バトルゾーンに出るだけでは効果は何も及ぼさない。パワーも決して高い方ではなく耐性も持たないため、返しのターンに何も出来ずに退場なんてことも十分考えられる。
さらにオシオキムーン同コストには役割こそ違うが《月から来た科学のウラガワ》など多く存在する。
《月を象るデスサイズ》にはすぐに恩恵が得られるパンプアップ常在型能力という差別化要素があるので、デッキ構築時点でオシオキムーンや+2000、種族などに意味を見出す必要がある。

  • 闇を含むのに攻撃可能なブロッカー、《曙の守護者パラ・オーレシス》《式神パイレーツ》のパンプアップ能力が同時に適応される常在型能力、自分のクリーチャーを巻き込まずに能動的に重複させて発動も狙える疑似《超鯱城》と、世代さえ違っていれば環境でも活躍できそうな強力な能力の組み合わせだっただろう。登場時点の環境だと、これだけ盛りだくさんの能力でも活躍できるかは未知数である。
  • 見た目と能力はどこかMagic:The Gatheringのカード《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》を思わせる。
  • 名前やフレーバーテキストから、元ネタは『新機動戦記ガンダムW』に登場するガンダムデスサイズ(とパイロットのデュオ)だと思われる。同作によると、「デスサイズ」は死・死神(Death)と大鎌(Scythe)を組み合わせた造語とのこと。転じて、ガンダム関係以外では「死神の鎌」そのものを指すことがある。ちなみに、草刈りなどで使う柄の短い鎌の英訳はシックル(sickle)である。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-14
    月に見とれた花は ただ散らされるのみ
    (訳:その月型の鎌を見た者は、誰も生きては帰れないのです。)

収録セット [編集]

参考 [編集]