(ごく)龍覇(りゅうは) ヘルボロフ》 [編集]

極・龍覇 ヘルボロフ R 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン/ファンキー・ナイトメア/ドラグナー 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下のドラグハートを1枚、またはコスト5以下の闇のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を墓地に置いてもよい。

優勝者賞として先行登場し、DMR-16極に収録されたデーモン・コマンド・ドラゴン/ファンキー・ナイトメア/ドラグナー

cipコスト3以下のドラグハート1枚、またはのコスト5以下のドラグハート1枚を呼び出すことができる。
さらに《墓標の悪魔龍 グレイブモット》と同様に山札の上2枚を任意墓地肥やしできる。

《龍覇 ウルボロフ》ドラグハートの力を極めて帰ってきた姿であり、の重量級ドラグハートを出せる。同弾収録のビクトリーカードである《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》を出すのがメインとなるだろう。墓地肥やしcip能力があちらとシナジーするのもポイント。
そうでなくてもコスト3のドラグハートならば文明を問わず出せる。《龍魂教会 ホワイティ》タップキルを狙ったり、《龍芭扇 ファンパイ》3D龍解させて呪文コスト踏み倒しを狙ったりと、様々な使い道があるだろう。

ドラグナーである事に目が行きがちだが、デーモン・コマンド・ドラゴンファンキー・ナイトメアという非常に恩恵を受けやすい2種族を持っている点も見逃せない。
【連デモ】をはじめとした各種デーモン・コマンドがメインのデッキ《黒神龍グールジェネレイド》《ダーク・ルピア》によって自分のドラゴンの破壊を利用するデッキ、《魔弾グローリー・ゲート》《魔光死聖グレゴリアス》サーチ回収ができるナイトデッキに投入するなど、様々な使い方が検討できる。

環境において [編集]

革命編環境のトップメタであった【黒単ヘルボロフ】の主要ドラグナーとして活躍していた。このクリーチャー自体最速では5ターン目に出すことができたため、当時の環境を考えれば7コストというのは特別に重い訳ではなかった。当時無制限であった《復讐 ブラックサイコ》でも時間稼ぎできたのでなおさらであった。【レッドゾーン】除去すれば止まる面があったため、【黒単ヘルボロフ】はそこまで苦労しなかった。だが、革命ファイナル環境において【赤黒ドギラゴン剣】を始めとした速度と持久力を両立するデッキが台頭すると、環境から姿を消した。

これ以降は新章デュエル・マスターズ環境初期に発祥した【バッシュギヌス】で使われたり同環境終期に見られた初期型の【デ・スザーク】【黒単ヘルボロフ】との折衷という形で姿を現わしたりしたが、環境に定着することはなくなった。

その他 [編集]

  • DMEX-08版のテキスト欄の背景には「人狼ゲーム」の役職が書かれており、同弾のカードとあわせて「人狼ゲーム」が行えるようになっている。このカードは「人狼」である。
  • 漫画「デュエル・マスターズ キング」では鬼札 アバクが「ヘルボロフでトドメ!!」と宣言すると同時に《極・龍覇 ヘルボロフ》が対戦相手を鎌で吹っ飛ばす様子が1コマ描かれている。

サイクル [編集]

DMR-16極DMR-16真のドラグナーサイクル。
いずれもcipで、コスト3以下のドラグハート1枚[1]。か、同じ文明のコスト5のドラグハート1枚を呼び出すことができる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] グレンモルトのみコスト3以下のドラグハート・フォートレスを2枚まで