極限龍神(きょくげんりゅうじん)メタル》 [編集]

極限龍神メタル R 火文明 (6)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァOMG/アーマード・ドラゴン 7000+
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、相手のマナゾーンからカードを1枚と、バトルゾーンにある相手の、クリーチャーではないカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。
右G・リンクOMG:《龍神ヘヴィ》、《破壊神デス》、「中央G・リンク」または「左G・リンク」を持つゴッドの右横(このクリーチャーが出る時、自分の指定ゴッドの右側にリンクしてもよい)

DMEX-17で登場したゴッド・ノヴァOMG/アーマード・ドラゴン

《龍神メタル》のリメイクカードで、コストが1軽くなった上、クロスギア除去非クリーチャー指定除去に強化。
更に元々ランデス除去のどちらかを選択しなければならなかったのが、両方使えるようになった。
ゴッド・ノヴァOMGになったことでG・リンクも新能力である右G・リンクOMGに変更。リンク対象が大きく広がった。

リンク時能力は消えたが、ブレイク能力がパワード・ブレイカーになった事であまり変わっていない。
また、《神人類 ヨミ》などパワーの高いゴッドとリンクする事でパワー24000を超えれば5打点が可能になる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《極限龍神メタル》の「出た時」の能力で、相手の《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》を構成しているカードを1枚選び、墓地に置けますか?
類似例:《エンドレス・フローズン・カーニバル》
参照:《龍魂城閣 レッドゥル》《勝利のリュウセイ・カイザー》
A.いいえ、墓地に置けません。構成カードのサイキック・セルはクリーチャーとして表出しているカードなので、「クリーチャーではないカード」を選ぶ能力では選べません。
引用元(2021.10.22)

Q.自分の《極限邪神M・ロマノフ》がバトルゾーンにいる状況です。相手が《極限龍神メタル》をバトルゾーンに出し、「出た時」の能力で《極限邪神M・ロマノフ》の下にある裏向きのカードを墓地に置く際、そのカードが《新爆竜 GENJI・XX》でした。クリーチャーだったので、裏向きのまま《極限邪神M・ロマノフ》の下に残りますか?
A.いいえ、墓地に置きます。表面がクリーチャーであったとしても、裏向きの状態ではクリーチャー・カードとして扱いません。
引用元(2021.10.22)

Q.自分のリンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、相手が《テック団の波壊Go!》を唱えて、「相手のコスト6以上のクリーチャーを1体、破壊する。」効果で《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》を選んだ場合、どうなりますか?
A.リンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》のうち、どちらか好きな方を1体自分が選び、破壊します。

+  (総合ルール 803.7)

引用元(2021.10.22)

Q.自分のリンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、相手が《テック団の波壊Go!》を唱えて、「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」を選択し、効果を解決した場合、どうなりますか?
A.結果的に、自分は《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》のうち、好きな方を手札に戻します。
リンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》はコスト10のクリーチャーですが、カードとして参照される場合にはコスト4と6のカードであるため《テック団の波壊Go!》の効果で《極限龍神ヘヴィ》が手札に戻ろうとします。その際、状況起因処理によって自分は《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》のうち1枚を選び、手札に戻します。

+  (総合ルール 803.7)

引用元(2021.10.22)


[1] 《破壊龍(しん)ヘヴィ・デス・メタル GS》の場合は《龍神ヘヴィ》を含んでいたが、ルビが異なっているせいでG・リンクのリンク対象や《ゴッド・オブ・ゼット》による踏み倒しの対象外となっていた。