機動要塞(きどうようさい)ピラミリオン》 [編集]

機動要塞ピラミリオン UC 光文明 (5)
クリーチャー:グレートメカオー 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドを3枚まで見る。その中から、コスト3以下のキカイヒーローを1体、バトルゾーンに出してもよい。そうした場合、自分の山札の上から1枚目を、裏向きにして自分のシールドに加える。

DM-23で登場したグレートメカオー

エキスパンションサポート種族呼び出しクリーチャーで、文明/グレートメカオーシールドから呼び出す。

3枚見ることが出来るとはいえ、シールドが対象というのはサイクル中では最も確実性に欠ける。コスト3以下のキカイヒーローには強力なカードが少ないのも向かい風。
それでもコストを払わずに場に出せるのは強力。能力で減ったシールド山札から補充されるので運が良ければS・トリガーが入る可能性もある。
グレートメカオーシールドを操作するカードが多いので、それらとあわせてシールドをいじくり回すデッキを作るのも一興。デッキの構成次第で輝くカードだといえる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

機動要塞ピラミリオン UC 光文明 (4)
クリーチャー:グレートメカオー 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札からコスト2以下のグレートメカオーを探索し、1枚をバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。

cipで、山札から2コスト以下のグレートメカオーリクルートする効果となった。

登場時のDMPP-07でもメタカードの《埋め立てロボ・コンクリオン》や素直に役立つ《鋼鉄大使ジャンボ・アタッカー》《鎧兵機サーボルト》といった無駄の無いカード達から選んでタダで出すことができている。コスト2以下のグレートメカオーが追加されるたびに《ピラミリオン》も強化されていくことだろう。

コスト2以下しか出せないという点も、進化GVおよびシンパシーとの相性の良さや《装甲支援ガトリンガー》の頭数を揃えることができるという意味で見返りは十二分にある。

  • 同じコスト2以下のクリーチャーを踏み倒す《緑神龍ジオドラン》と比べても使用率の差は歴然としている。これはコストが許容できる軽さであること、マナの消費に比べて山札の消費がデメリットになることが少ないこと、文明が合う進化先フェニックスの性能が高いことからだろう。

サイクル [編集]

DM-23の5コストハイブリッド種族。自身のサポート種族から、コスト3以下をコスト踏み倒しする能力を持つ。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]