機術士(きじゅつし)ディール/「本日(ほんじつ)のラッキーナンバー!」》 [編集]

機術士ディール VR 水文明 (6)
クリーチャー:マジック・コマンド 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、数字を1つ選ぶ。その数字と同じコストを持つ相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。
「本日のラッキーナンバー!」 VR 水文明 (3)
呪文
数字を1つ選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、相手はその数字と同じコストを持つクリーチャーと呪文を召喚したり唱えたりできない。
※殿堂入り

DMRP-05で登場したマジック・コマンドツインパクト

クリーチャー面、呪文面のどちらも数字を1つ宣言する能力を持つ。クリーチャー面なら選んだ数字のコストを持つ相手のクリーチャーを全てバウンスし、呪文面なら次の自分のターンのはじめまで選んだ数字を持つクリーチャー呪文プレイロックする。

クリーチャー面のバウンス能力《超奇天烈 ベガスダラー》に似ている。
こちらは確実にバウンスできる反面、コストがバラバラなクリーチャーを並べられると処理しきれないほか、侵略も行えない。
《ベガスダラー》と比べて爆発力が落ちた代わりに堅実な能力となっている。

呪文の面では相手クリーチャーの召喚呪文ロックできる。
《オクトーパの相対性魔力講義》にも言えることだが、元のカードクリーチャー故に継続してロックが行える強みがあるので、このカードを使う場合は呪文、あるいはツインパクトであることを生かしたい。

当然S・トリガーを封じることができるのも強力で、選んだ数字であればクリーチャーも呪文も封じることができるので、場合によっては単騎ラフルルに匹敵する活躍を見せることもある。

このように、相手の反撃手段を封じる攻撃面としての役割と、次の相手のターンに相手の決め手となるカードを封じる防御面としての役割の両方をこなすことができるため、上手く使いこなせば相手の動きを大きく封じることが可能である。

環境において [編集]

DMRP-05で登場以降、青が入り打点が並ぶデッキなら高確率で採用され、1ショットキルの際にS・トリガーを封殺するためによく使われる。青が入るデッキに対しては《終末の時計 ザ・クロック》の3、【ジョーカーズ】に対しては《SMAPON》の7などが頻繁に宣言される。

双極篇環境【チェンジザダンテ】では、

  1. 《怒流牙 佐助の超人》ニンジャ・ストライクマナブーストしつつ《斬隠蒼頭龍バイケン》マッドネスを起動
  2. このカードのクリーチャー面で相手のコスト踏み倒しメタをどかす
  3. 《斬隠蒼頭龍バイケン》から《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジする

という強力なゲーム運びが存在する。選んでいる訳ではないので《異端流し オニカマス》も怖くない。
【ジャバランガループ】が裁定変更により弱体化する前の時期の【チェンジザダンテ】では、《時の法皇 ミラダンテXII》《ジャミング・チャフ》のセットでケアできない《阿修羅サソリムカデ》召喚ロックする手段としての性質もあった。

ただ、双極篇ではオマケのようにS・トリガーが付いたツインパクトも少なくなく、公開ゾーンに見えているカードなどからシールドに埋まっているS・トリガーの枚数を推測して止めるべきカードを絞る必要もあった。また、【ドギラゴン剣】始めとしてあらゆるデッキに入っていた《Dの牢閣 メメント守神宮》にはノータッチであったため、そうしたカードを使うデッキに対しては盤面をあらかじめ始末する必要もあった。

超天篇環境中期までは、環境でそれなりに活躍したものの、環境を壊すほどの強さではなかった。

しかし、DMRP-11期では、【青赤緑ミッツァイル】でいきなり猛威を振るった。【青赤緑ミッツァイル】では1ショットキルの性能が高く、そこに《「本日のラッキーナンバー!」》で相手のS・トリガーを粗方封じるのは流石に脅威であった。さらに、相手の【青赤緑ミッツァイル】の対策としても使われ、「4」を宣言して重量級マナドライブGRクリーチャー召喚を未然に防ぐ戦法も使われた。このことから、たちまち使用率は環境トップレベルに到達している。また、《「本日のラッキーナンバー!」》で相手の《「本日のラッキーナンバー!」》を封じる機会も多くみられるようになった。

ロックS・トリガーニンジャ・ストライクなどの逆転要素を否定すること、また手打ちすればGR召喚も封殺できることがあり、GRクリーチャーオレガ・オーラを売り出す上での障害になりかねないなどが原因なのか、2020年1月1日付での殿堂入りが決定。数少ないGR召喚メタではあったものの、それでもなお規制を掛けざるを得なかったところから逆転要素を否定するこのカードの不健全さが伝わるだろう。

その反面、やはりGR召喚メタが減ったことはGR召喚を主軸とするデッキを相対的に強化する結果となり、【ドッカンデイヤー】【バーンメアジョーカーズ】【ヨミジループ】が大流行。半年後の2020年7月1日よりそれらの軸であった《ヨミジ 丁-二式》《マリゴルドIII》プレミアム殿堂《MEGATOON・ドッカンデイヤー》殿堂入りした。

その他 [編集]

  • 名前の由来、カードイラスト、能力を見ればわかる通り、元ネタは《奇天烈 シャッフ》。あちらも強力なカードとして認知されている。
  • フレーバーテキストは、このカードの効果はあくまで唱える側の利益であって唱えられる側の利益ではないという意味である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-05
    「キミにとってのラッキーナンバーだと、一言でも言ったかな?」

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《「本日のラッキーナンバー!」》で選んだ数字をコストに持つ呪文が片側にあるツインパクトカードのクリーチャー側を召喚することはできますか?
A.はい、召喚できます。その数字をコストに持つ呪文は唱えられず、その数字をコストに持つクリーチャーは召喚できないということですので、ツインパクトカード全体が禁じられているわけではありません。
引用元