次元(じげん)霊峰(れいほう) [編集]

次元の霊峰 C 自然文明 (2)
呪文
自分の山札を見る。その中から多色クリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
※殿堂入り

DM-11で登場した自然呪文

多色クリーチャーサーチできる。

2マナサーチには《未来設計図》が存在するが、こちらは多色ならば狙ったカードを確実に手札に加えられる。

聖拳編環境では《無双竜機ボルバルザーク》を呼ぶのに使われたこともあるが、《鳴動するギガ・ホーン》に立場を奪われた。

多色しかサーチできない点はやや痛く、このまま歴史に埋もれていくかと思われたが、DMR-21で転機が訪れる。
革命チェンジの登場によって序盤から強力な多色クリーチャーを出せるようになったため、圧倒的低コストでそれらを確実にサーチできるこのカードは、革命チェンジを主軸としたデッキの安定に非常に有用な1枚となり評価が急上昇、一躍高レートで取引されるようになった。
単色環境で活躍した《調和と繁栄の罠》や、【緑単ベアフガン】で活躍した《エボリューション・エッグ》に続く、大器晩成カードと言えるだろう。

特に【霊峰ドギラゴン剣】では切っても切れない核として活躍し、このカードがあるおかげで【ドギラゴン剣】殿堂入りによる弱体化に耐性があるというメリットが与えられていた。

だが、このカードが無制限である限り【ドギラゴン剣】がよほどの事態に陥らない限りリペアできたためか、2018年7月14日より殿堂入りすることとなった。

  • 上記の通り、革命チェンジによって需要が急上昇しレートも高くなっていたが、DMX-23の「レオのマナ加速革命チェンジパック」にて2枚も再録された。これによりだいぶ集めやすくなったのはありがたいだろう。
  • デュエル・マスターズ プレイスではDMPP-04で登場。レアリティアンコモンになった。例によってサーチ探索になっているが、多色クリーチャーが4種類以上入ることは多くないため、ほぼTCG版と同じ感覚で使用できる。TCG版では殿堂入りしているカードだが、現状のカードプールではそれほど相性の良いカードは無いとみなされての収録と見られる。
    • 《無双竜機ボルバルザーク》DP殿堂入りにより、《ボルバルザーク》をサーチするためのカードとして注目を集めるかもしれない。探索により多くのカードでは確実なサーチが困難になっているが、このカードなら多色クリーチャーの種類を3種類以下にすれば盾落ちしていない限り確実にサーチすることができる。
    • デュエプレで特段活躍していないため、TCG版のことを知らないデュエプレ勢からは「なぜこのカードが殿堂入りなのか」と疑問視されることが多いカードである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]