死神明王(しにがみみょうおう)バロム・モナーク》 [編集]

死神明王バロム・モナーク SR 闇文明 (7)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド 12000
進化−自分のデーモン・コマンドまたは名前に《死神》とあるクリーチャー1体の上に置く。
自分のデーモン・コマンドまたは名前に《死神》とあるクリーチャーがバトルに勝った時、クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

DM-35で登場した進化デーモン・コマンドバロムであり、2体目の「死神明王」である。

その能力は「死神またはデーモン・コマンドバトルに勝利した際にクリーチャーリアニメイトする」というもの。今は使用できない《インフェルノ・ゲート》と違い注釈がないため、進化クリーチャーすらリアニメイトが可能。

リアニメイト自体は非常に強力で魅力的だが、「バトルに勝つ」という条件が少々まどろっこしい。
とはいえ、要はタップキルを狙える状況に持っていければいいので、そこはと組んでカバーすれば補える。特に《粛清者モーリッツ》との相性は良く、コスト踏み倒しするたびに相手クリーチャータップできる。
このクリーチャー自身、パワー12000と高めなので大方のバトルで勝てるだろう。

相手クリーチャー攻撃した返しのターンで、不意打ち気味にこのクリーチャー召喚してみるのもよい。何にせよタイミングを読む必要があるが、それさえこなせば、特に死神デッキならばリアニメイトをフルに活用できるだろう。
勿体ないが、このクリーチャー進化元究極進化することもできる。

特に何も考えず殴っても、相手にしてみればシールド3枚を持っていかれる立場にある。そのシールドを守るために行ったチャンプブロックによって、このクリーチャーの能力を誘発してしまう事もありえる。相手の判断をかきまわす、悪魔的なカードと言える。

専用デッキ「【バロム・モナーク】」では存分に暴れてくれるだろう。

  • 漫画「SX」では、別冊付録の番外編で登場。死神カードを集める黒城の前に立ちふさがる。自分の眠りを妨げた黒城に勝舞の姿を映し出しサムライデッキで勝負を挑み、激戦の末敗北。自ら黒城のしもべとなった。黒城が手に入れた最後のカードである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]