氷牙(ひょうが)アクア・マルガレーテ(きょう) [編集]

氷牙アクア・マルガレーテ卿 R 水文明 (7)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ナイト 4000
自分が呪文を唱えた時、バトルゾーンにある進化以外のカードを1枚、持ち主の手札に戻してもよい。

DM-28で登場したリキッド・ピープル/ナイト

呪文を唱えるたびに非進化カードに対してバウンスを行うシステムクリーチャー。割かし初期のクリーチャーでありながらカード指定除去ができる珍しいクリーチャーである。

ドローのついでにテンポアドバンテージを稼いだり、純粋に除去能力を上げることができる。また、cip能力の使い回しをすることもできる。
効果は強制効果ではないので、相手の場にクリーチャーがいなくても問題なく呪文が使える。

《ドラゴン・ラボ》《エターナル・ブレイン》と組み合わせることにより、マナがある限りバウンスを行うことができる。更に《氷牙フランツI世》がいれば、1コストでバウンスが可能となるので、毎ターン相手の場をガラ空きにすることも容易である。

はまれば強力だが、パワーはあまり高くないので使用する際はそこをしっかりサポートするべきである。
最大の問題は、7コストと重いこのクリーチャーを召喚した後、そのターンの内に呪文を唱えるのは難しいという事だろう。次の相手のターンに除去されてしまえば目も当てられない。

  • 元ネタはオーストリア女公マルガレーテ・フォン・バーベンベルクだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

氷牙アクア・マルガレーテ卿 SR 水文明 (7)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ナイト 6000
バトルゾーンに出た時、自分の手札から「ナイト・マジック」を持つ呪文1枚を、コストを支払わずに唱えてもよい。
自分が呪文を唱えた時、相手のクリーチャーまたはクロスギア1枚を手札に戻してもよい。(この効果は、各ターン中1回のみ発動する)
W・ブレイカー

パワーが6000に上昇し、cipナイト・マジックを持つ呪文を踏み倒せる(ナイト流ジェネレートと同等の効果)ようになった。その代わりにバウンスが毎ターン1度しか発動しなくなった。

1ターンでの大量バウンスこそできなくなったが、《氷牙アクア・マルガレーテ卿》を出した後に呪文を唱えた場合にはcip込みで二仕事できるようになった。

《フェアリー・ギフト》《インフェルノ・サイン》などを使って《マルガレーテ卿》を出した場合でも、cipで「ナイト・マジック」を持つ呪文を唱えることでバウンスを発動できる。特に、S・トリガーの《インフェルノ・サイン》から出した後なら、相手ターンにナイト・マジックで強化された呪文を撃ちながらバウンスするという強力な動きができる。

コストが重く出したターンにバウンスが難しく、相手ターンに対処されてしまうと何もできないという課題が解決された点で、強化といえるだろう。

またパワーW・ブレイカーを持てるレベルまで上がっている。

  • バウンスの対象が「バトルゾーンにある進化以外のカード」から「相手のクリーチャーまたはクロスギア」に変更された。進化クリーチャーもバウンスできるようになっている。
    • 進化クリーチャーをバウンスさせる際は、カード指定除去ではなく、普通の1体除去となる。

2021年9月30日までの能力 [編集]

氷牙アクア・マルガレーテ卿 SR 水文明 (7)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ナイト 6000
バトルゾーンに出た時、自分の手札から「ナイト・マジック」を持つ呪文1枚を、コストを支払わずに唱えてもよい。
各ターン、自分が初めて呪文を唱えた時、相手のクリーチャーまたはクロスギア1枚を手札に戻してもよい。
W・ブレイカー

「各ターン、自分が初めて呪文を唱えた」は《氷牙アクア・マルガレーテ卿》が出る前から判定されている。《フェアリー・ギフト》《インフェルノ・サイン》などを使って出した場合はバウンスは発動しない。つまり普通に7マナ支払って召喚するとか《深塊炎霊ロミュナス》などのクリーチャーを使ってコスト軽減して召喚しないと2つの能力を同時に使うことができず、やや使い勝手は悪い。

  • 過去のVer.ではクリーチャーを出す呪文を使って「呪文を唱えた時」能力を持つクリーチャーを出すと、呪文によって出たクリーチャーの能力が誘発できてしまうバグがあったが、《氷牙アクア・マルガレーテ卿》が実装されたVer.では修正されている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-28DMPP-10
    マルガレーテ卿の魔力の前では、眼前にいることさえままならぬ。予選において彼に触れた者は唯一人もいない。
  • DMX-03
    マルガレーテ卿の魔力の前では、眼前にいることさえままならぬ。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]