浄化(じょうか)精霊(せいれい)ウルス》 [編集]

浄化の精霊ウルス SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 6000
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

DM-01で登場したエンジェル・コマンド

ターンの終わりに自身をアンタップする警戒能力がついており、殴り返しを防ぐことができる。にらみ合いのようなクリーチャー戦になった時、隙を作らずに攻撃できる為そこそこ有用。

しかしパワーがやや低く、アンタップ能力と相性のいいブロッカーも持たない為、強力な場面が限られるのが難点。また、通常の殴り返しこそ受けないものの、アンタップキラーによる攻撃や除去は普通に喰らうので場持ちはそれほど良くない。第1弾当時の環境でも《ガトリング・ワイバーン》《デス・スモーク》等で比較的簡単に対処できた。

現在では同コスト以下のエンジェル・コマンドには数多くの有用なクリーチャーが登場しており、このカードをあえて採用する意義はほぼない。使うのなら白凰ファンデッキで起用するのが一番かもしれない。原作通り「W・ブレイカー」と宣告してみたり、同じく彼が使用した《光輪の精霊シャウナ》等と一緒に並べてみるのも一興。

  • DMD-32にて、リメイクカードの《清浄の精霊ウル》が登場した。デュエル・マスターズの最初の決闘に切り札として登場した記念すべきクリーチャーであり、マスターズ・クロニクル・デッキでのリメイクは妥当な扱いと言えるだろう。
  • アニメ「デュエル・マスターズ」では「美しい姿を持つエンジェル・コマンド。ウルスとは完全なる美しさという意味を持つ」と説明されている。
    ちなみにウルズ(Urthr)の本来の意味は北欧神話に登場する運命の女神の1人。"ウルド"の表記の方がファンタジー/SFなどでは馴染みがあるだろう。
  • スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」では、コラボガチャに登場するクリーチャーとして出演した。条件を満たすと《聖霊王アルカディアス》に進化させることができる。スキル名は「聖霊光」、リーダースキル名は「光の切札」。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-01BASIC
    太古帝国が滅びた原因は、精霊が地上に降りてきたためだと言われている。
  • DMC-54
    触れることすら敵わない圧倒的な輝き!これぞ光の切札なり!!
  • プロモ(P18/Y7)
    完全なるものを目指した戦士達の、記念すべき第一歩。初めて、その姿を描いた時の緊張が今も蘇る!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]