海王龍聖(かいおうりゅうせい)ラスト・アヴァタール》 [編集]

海王龍聖ラスト・アヴァタール VR 光/水文明 (7)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン/ポセイディア・ドラゴン 7000
シールドゾーンにカードが加えられた時、そのプレイヤーは自分自身のシールドの中から1枚選び、墓地に置く。
W・ブレイカー
自分の最後のシールドがブレイクされる時、カードを1枚引いてから、そのシールドをブレイクする。そのターン、クリーチャーは自分を攻撃できない。

DM-24で登場した/アポロニア・ドラゴン/ポセイディア・ドラゴン

シールド追加を封じる能力と、1回だけのダイレクトアタック封じを持つ。

1つ目の能力《魂と記憶の盾》《パクリオ》などを使った時に誘発する。
プラスマイナスでシールドが増えなくなるのでシールドを増やしての防御を封じる。ただし、自分もシールドを増やすことができなくなる。
シールドが加えられた時」ではなく「シールドゾーンカードが加えられた時」なので、シールド・プラスにも反応する。ただし墓地に置くシールドを選ぶのはカードを追加したプレイヤーなので、それらへのメタカードとして機能するかは微妙なところ。

2つ目の能力はとどめ封じ。ただ、シールドを増やすことができないので効果は実質1回限り。
少々手間がかかるが、《スパイラル・ゲート》などで一旦このカードを手札に戻してからシールドを増やし、再び召喚すれば能力を再利用できる。
また《聖天使グライス・メジキューラ》などでシールドを守り続ければ延々と防御できる。
1枚のみのドローも付くが、おまけ程度に考えた方が良いだろう。

ルール [編集]

  • 最後のシールドを「ブレイクする時」の効果を持つクリーチャーにブレイクされる時。この場合、ターン・プレイヤーの効果が優先されて能力が一部制限される場合がある。
  • 自分のシールドが複数あってそれらがすべて同時にブレイクされる時も、1枚しかドローできない。決してブレイクされるシールドの数だけドローできるということにはならない。
  • 既に攻撃中のクリーチャーの攻撃までは防ぐことはできない。

その他 [編集]

  • 2体以上バトルゾーンに出ていれば、シールドを増やそうとすると逆に減ることになる。
  • 発売前に流れたカードのテキストでは1つ目の効果が「シールドを手札に加えたとき」となっており、本来の物と逆の効果になっていた。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

海王龍聖ラスト・アヴァタール VR 光/水文明 (7)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン/ポセイディア・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
自分の最後のシールドがブレイクされる時、カードを3枚引く。そのターン、クリーチャーは自分を攻撃できない。(この効果は、ゲーム中1回のみ発動する)

最後のシールドブレイク時のドロー枚数は3枚に増えた。

TCG版と違って、他のカードでシールドを増やせるようになったため、効果がゲーム中に1回しか使えないようになっている。

  • この「ゲーム中1回」のテキストは、無月の門99ではなく、極限ファイナル革命と同様の意味を持つ(ソース)。それぞれのプレイヤーは、ゲーム中に1回だけこの効果を使うことができ、ゲームが終了するまでこの効果は再度使えるようにはならない。
  • 「クリーチャーは自分を攻撃できない」というテキストだが、実際はプレイヤーに「!」アイコンが付き、「自分は攻撃されない」効果が発揮される。(クリーチャーが主語ではない効果が働く。)
    • なお、攻撃制限を無効にするダイヤモンド状態だと、《ラスト・アヴァタール》の攻撃制限を貫通してプレイヤーを攻撃することができる。
  • 攻撃封じが発動した後に出たクリーチャーにも攻撃制限がかかる。
  • 自分(プレイヤー)への攻撃はできなくなるがクリーチャーを攻撃することはできる。
  • 残りシールドが2つでW・ブレイカー持ちにブレイクされたら、カードを3枚引いてから2つブレイクされる。
  • 要検証項目
    1. ブレイク後に《ラスト・アヴァタール》がバトルゾーンを離れても継続するのか。
    2. 《憎悪と怒りの獄門》にも有効なのか。

サイクル [編集]

DM-24多色2種族ドラゴン。何故か「神滅竜騎」は存在せず(登場時期が離れているものの、《神滅竜騎ガルザーク》がそれにあたる可能性もある)。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-24DMPP-08
    ラスト・アヴァタールは一度だけ時を止める。その先に待つ運命を変えるために。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]