烈流神(れつりゅうしん) [編集]

烈流神 R 水/火文明 (マナコストなし)
ゴッド
ゴッド:次のいずれかのゴッド・クリーチャーとして召喚する。
►[水(3)]《流神ウンギョウ》
►[火(4)]《烈神アギョウ》
《流神ウンギョウ》と《烈神アギョウ》がリンク中⇒《烈流神アギョウ・ウンギョウ》

DMPP-08EXで登場した水/火のゴッド・カード

流神ウンギョウ R 水文明 (3)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 2000+
G・リンク[火(4)]:《烈神アギョウ》とリンクして《烈流神アギョウ・ウンギョウ》になる。
破壊される時、かわりに手札に戻す。
烈神アギョウ R 火文明 (4)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 3000+
G・リンク[水(3)]:《流神ウンギョウ》とリンクして《烈流神アギョウ・ウンギョウ》になる。
パワーアタッカー+2000

《烈神アギョウ》はただの準バニラだが、《流神ウンギョウ》はコスト論よりパワーが1000高いモヤシである。

《一徹のジャスパー》《電磁旋竜アカシック・ファースト》などでも示されていた通り、普通に戦えるモヤシは想像以上に役立つ。
同じコストの《アクア・ソルジャー》と比べても、パワー1000と2000では殴り返しの範囲は段違い。

ゴッド・カードなので当然G・リンクも出来る。
TCG版とはゴッドの仕様は全く違うので比較はしづらいが、ゴッドモヤシで再利用できると強力であることは《究極神アク》から明らかだろう。
総じて場にかける圧力が非常に強いカードである。

烈流神(れつりゅうしん)アギョウ・ウンギョウ》 [編集]

烈流神アギョウ・ウンギョウ R 水/火文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 5000+
(《流神ウンギョウ》と《烈神アギョウ》がリンク中)
W・ブレイカー
パワーアタッカー+2000
ブロックされない。
破壊される時、かわりに手札に戻す。
ゴッド・カード:《烈流神》

合計7マナで召喚酔いしないアンブロッカブルW・ブレイカーが走り出す。
しかもモヤシなので、破壊除去に対しては手札に戻ることができ、依然として相手の圧力になり続ける。

単色と多色の違い、パワーの低さの違いはあるが、《アクア・ガード》《クリスタル・ランサー》の合計7マナ進化速攻が手札1枚で実現でき、さらに《クリスタル・ジャベリン》と同じ除去耐性を持っていると考えれば強さがわかるだろう。
2ターンに分けてリンク前を召喚する場合でも、《流神ウンギョウ》のモヤシで破壊を牽制できている。

ゴッドの中ではコストが軽めで、マナが少ない序盤に引けば2ターンに分けて出すこともでき、マナが溜まった終盤に引けば1ターンでリンクできるという腐りづらさも魅力。

環境では、デッキに火文明と水文明が入り、試合の過程で7マナ以上に到達できる【黒抜き4色ドリームメイト】などで採用される。
そのデッキでは、水文明はS・トリガー枠の《アクア・サーファー》など、火文明は《幻獣竜機ボルパンサー》など、7マナ到達は《霊騎幻獣ウルコス》などが担当している。

《深塊炎霊ロミュナス》または《念仏エルフィン》があれば、2回のゴッド・クリーチャーの召喚で、それぞれ1ずつ軽減されるため、合計5マナでG・リンクできることは覚えておきたい。
【ジャック・ヴァルディ】などで活用できる。

  • 名前の由来は阿形(あぎょう)吽形(うんぎょう)。寺や神社などでよく見られる2体1組の石像で、口を開いている方が阿形、口を閉じている方が吽形。金剛力士像と狛犬の2種類がメジャーだが、《烈流神》は後者の外見となっている。また、両者の息が合っている様を表す「阿吽の呼吸」はこの1対から来ている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-08EX
    • 烈流神は、二つの感情を併せ、己を律する事を民に伝えて回った。(烈流神/烈流神アギョウ・ウンギョウ)
    • 汝、常に冷静たれ。如何なる感情に駆られようとも、清流の如き澄んだ視点で的確な結果を導けるであろう。(流神ウンギョウ)
    • 汝、常に激情たれ。ただ黙々と堪える時も、烈火のごとく打ち滅ぼす意志を、炎を心に秘めよ。(烈神アギョウ)

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]