無双竜機(むそうりゅうき)ボルバルザーク》 [編集]

無双竜機ボルバルザーク VR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
※プレミアム殿堂

DM-10で登場した/自然アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン

スピードアタッカーW・ブレイカーに加え、バトルゾーンに出た時、自身除くパワーが6000ちょうどのクリーチャーを全て破壊した後、エクストラターンを追加し、そのエクストラターンの終わりに特殊敗北する能力を持つ。

パワー6000のクリーチャーを破壊する効果によってS・トリガーを封印する《呪紋の化身》との併用が難しいものの、

などの恩恵をもたらすエクストラターンは強力そのもの。対応の出来ない相手を確実に仕留めることができた。
他の追加ターン獲得系のカードはコストが非常に重い、召喚酔いがある、場にクリーチャーが残らないなどでバランスを取っているが、こちらはそれらがないため決定力は圧倒的。
また、それらの多くは《超戦龍覇 モルト NEXT》のように1枚から1ショットキルを放つことができるカードの増えた新章デュエル・マスターズ以降のカードだが、《ボルバルザーク》は《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《ツインキャノン・ワイバーン》のような淡白なスペックのフィニッシャーが重用されていた初期のカードプールに登場したため、その傑出ぶりは圧巻であった。

同じくDM-10で登場した《母なる大地》との相性も抜群で、《無双竜機ボルバルザーク》コスト7と手頃な重さだったために先行であろうとマナブーストから最速で4ターン目には踏み倒す事ができた。同時に《母なる大地》は相手のボルバルザークを引き摺りだすことによって強烈なメタカードにもなり、ボルバルザークとは切り離せない存在であった。

登場当初は「ゲームに負ける」と言うデメリットが目立ち、ネタカード扱いであった。肝心のエクストラターンも前弾の《聖剣炎獣バーレスク》が弱かったことから甘く見られていたが、全国大会での【ボルバルステロイド】の活躍により一気に脚光を浴びた。ドロー要素を加えた【ボルバルブルー】も実績を上げていくにつれ、非常に強力なカードとして広まった。
当初の評価を下げた特殊敗北も、実際は「ここで出せば勝てる」という状況で出せばいいだけの話であり、戦況をしっかりと読める判断力が使用者に備わってさえいれば、無いも同然のデメリットである。そしてその「出せば勝てる状況」を作り出していたのは、他ならぬエクストラターンの存在であった。
そもそも、《ボルバル》の強制的に試合を終わらせる性質は、言い換えれば「自身の敗北を担保に前借りされた特殊勝利」のようなものであり、「出すだけでエクストラターンが獲得できる2打点のスピードアタッカー」として猛威を振るうことになる。

聖拳編環境転生編環境のおよそ2年間環境を染め上げ続けたが、2006年3月15日に初のプレミアム殿堂カードとなった。

《ボルバルザーク》が環境プレイヤーに与えた影響は非常に大きい。デュエル・マスターズの歴史を語る上では外すことのできないカードであることは間違いないだろう。

特殊敗北の性質について [編集]

強すぎるフィニッシャーは単体で環境を染めてしまい非難されることも少なくない。だが《ボルバルザーク》が凶悪なカードとして伝説となり得たのはフィニッシャーとしての性能以上に、特殊敗北というデメリットにこそあった。

《ボルバルザーク》が出たということは、使ったプレイヤーが「勝つ」か「特殊敗北で自滅する」の2択にゲームがゆだねられることを意味しており、いずれにせよエクストラターンが終わるまでには絶対にゲームが終了してしまう。つまり、出された時点で使われたプレイヤーターンが回ってくることはなくなるゲームに介入出来る要素は失われ、傍観者に等しい存在にされてしまうのである。
なにより、《ボルバルザーク》を使われた側は、勝ち負けいずれにせよ自分で勝つ権利を完全に剥奪されてしまう。《ボルバルザーク》が失敗しても、結局は「相手が自滅した」だけであり、自分のデッキで勝利したわけではない。勝敗が否応なく相手の《ボルバルザーク》に帰結してしまう。
無論、好きなだけカードをプレイされたあと、失敗したら勝手に自滅してしまうのだから、使われた側の虚無感は相当なものである。それをたった1枚のカードのcipで引き起こされるのだからたまったものではない。
ボルバル・マスターズという言葉が生まれ、プレミアム殿堂に至るまでの長さが2年間というのも非難が集中した理由である。
当時の状況はプレイヤーに暗黒期と呼ばれることもあり、多くのプレイヤーが辟易してデュエルマスターズをやめていった。

  • このような惨状を生み出した原因は、特殊敗北が確実かつ極めて能動的だからである。特殊敗北能力持ちの強力なカードは数多あるが、それらはすべて除去された時や敗北の遅延であり、受動的である。ゲームが終わるという意味では、「必ず負ける」は「必ず勝つ」に等しく凶悪であり、その事を考えれば少なくとも通常クリーチャーcipで存在していい能力ではない。
  • おそらくはエクストラターンという強力なメリットに対し特殊敗北という強烈なデメリットをつけてカードパワーのバランスを取ろうと考えられたのだろうが、実際の運用を踏まえれば全く相殺できていない。上記の通り「ここで出せば勝てる」あるいは「出さないと負ける」という状況で出せば無いも同然である。
  • また、そもそも強烈なメリットに対して強烈なデメリットをつけてカードパワーのバランスをとろうとした所からも問題があるといえる。結果として、エクストラターンによる相手プレイヤーの拘束と、特殊敗北による強制ゲーム終了の二面性から、《ボルバルザーク》は当時デュエルマスターズのゲーム性を破壊してしまった。

環境において [編集]

環境を荒らしに荒らしまくり、デュエル・マスターズどころかトレーディングカードゲーム史上に残る凶悪カードとして語り継がれた。詳しくはボルバル・マスターズのページにて。

殿堂ゼロデュエルにおいて [編集]

殿堂ゼロデュエルでは後の最凶カード、《エンペラー・キリコ》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》【モルト NEXT】などとの悪夢の共演も見られた。過去の惨劇とはまた別に、惨劇が当たり前のルールで思いっきりぶん回すのはまた一興であろう。

ただし現在では、殿堂ゼロデュエルにおいて7コストフィニッシャーは非常に重く、ガチデッキに投入されることは稀。また、これを出したターン中にブレイクして《Dの牢閣 メメント守神宮》S・トリガーで踏んでそのままエクストラターンに入ると、そのままそちらのDスイッチで敗北がほぼ決定してしまうため、殿堂レギュレーション下で使用できた頃以上に何らかのS・トリガー封じが必要になる。

作中での活躍 [編集]

  • 漫画ではヤカンマンが所有しており、勝舞に渡してその実力を推し量った。ヤカンマン戦で、召喚された後に「必殺、無双竜剣」と勇ましい技名を繰り出し攻撃に移るが、《電脳聖者タージマル》ブロックされ倒された(白刃取りされ、腹部にビームで穴を開けられた)。デュエル中にカードが覚醒するが、直後にH(ヘンドリクス)に強奪されている。後に最初の使用禁止になるカードとは思えないような悲惨な扱いであり、漫画での登場はここだけとなっている。エクストラターンにより勝舞に勝利をもたらした立役者ではあったが同時にやられ役も務めていたため、当初このカードが過小評価されていたのではないかという見方もある。
  • アニメでも「デュエル・マスターズ チャージ」にて、勝舞の切札として何度も登場。映画「闇の城の魔龍凰」でも勝舞のデッキに入っている。
    初登場時は勝舞の対戦相手のドラゴンマスク(正体はナイト)が使用。勝舞が「《バルキリー・ドラゴン》→次のターン《超竜バジュラ》進化」という戦法を取るつもりだったが、バルキリードラゴンを出した後の相手のターンで、先にボルバルザークを使われて敗北した。
    • アニメでは「斬撃を飛ばして真っ二つにする」「巨体で体当たりを仕掛ける」「口から熱線を吐く」「盾に装備されたレーザー砲を放つ」など多彩な攻撃パターンを見せた。
  • アニメ「2017」32話では、直接登場することはなかったが、勝舞のマナゾーンに置かれているのが確認できる。

このカードを中心とした主なデッキタイプ [編集]

これほどのデッキタイプを持つカードは後の主人公のエースカード《蒼き団長 ドギラゴン剣》くらいのものであり、当時のボルバルの異常な盛行具合がよくわかる。

その他 [編集]

  • 海外ではなんと何の調整も無く登場している。これが海外版の展開が(一旦)終了した要因とも。海外版では強力なカードは修正される傾向が強いので意外である。
  • 余談だが、その強力さと悪質さはカードゲーム全般でも有名であり、「全カードゲームで最凶のカードはなにか」という話題には必ずと言っていいほど候補に挙がる。
  • 公式の格言に「ボルバルザークは二度と作らない」というものがある。参考
  • DMX-04DMX-05のCMでは現役を退いて隠居生活を送っていたのか、のんびりと温泉につかっているボルバルザークを見る事が出来る。
    さらにDMX-12ではそのイラストで再録された。プレミアム殿堂になったカードが再録されたのは今回が初めてである。また、同時に《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》も再録され、両者ともにマナの所にリースが付き、コストのところに「PREMIUM」と書かれたリボンが巻かれるという装飾がされている。
    • 余談だが、ボルバルが温泉に浸かっていたことから、プレミアム殿堂に指定されることを「温泉行き」「温泉送り」などと言われるようになった。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

無双竜機ボルバルザーク SR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
召喚によってバトルゾーンに出た時、次の自分のターン開始時まで、自分は「S・トリガー」を使えない。このターンが自分の10ターン目以降なら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。(ただし、それが追加ターンなら発動しない)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
※DP殿堂

DMPP-03で登場した。

TCG版からの変更点のまとめ [編集]

レアリティスーパーレアに昇格した。

■強化された点

  • cipで他のパワー6000のクリーチャーを破壊する効果がなくなった。
    • 《ボルバルザーク》自身もパワー6000のため、TCG版では複数体並べると他が破壊されていた。これにより追加ターンにさらなる打点として召喚することはできなかったが、デュエプレではそのように使えるようになった [1]
  • 特殊敗北のデメリットが削除された。

■弱体化された点

  • 追加ターン発動に条件が付加され、召喚によるcipかつ自分の10ターン目以降でなければならなくなった。(下線部は2020年9月17日以降)
  • 条件付きでS・トリガーが使えなくなるデメリットが追加された。

特徴 [編集]

10ターン経過していなければ、追加ターンは得られず《ツインキャノン・ワイバーン》から要求文明が増え、パワーが1000下がり、S・トリガーが制限されるようになった下位互換となる。
しかし、10ターン経過しておらずとも召喚自体は可能で、S・トリガーが使えなくなっても相手側がブレイクしてこないと判断できる状態なら《ツインキャノン・ワイバーン》と同じように打点として出すことが出来、試合を引き延ばされたときは追加ターンで一気に攻め込むスイッチ的な使い方が出来る。
そもそも、1ターンだけS・トリガーが使えないことが決定的な敗因になるのは「10ターン経過前に取れる行動が《ボルバル》召喚のみとなり、そこで勝利できず、デメリットとしてS・トリガーが封じられるためにブレイク&ダイレクトアタックを受けてしまう」ケースぐらいである。根本的にS・トリガーが使えなくなることがデメリットとして機能することはほとんどない。

そして、他の多色にも言えることだが、デュエル・マスターズ プレイスの仕様上同じ文明を持つ多色カードが1枚でもマナにあれば召喚は可能である。これは火や自然のカードが他にきちんと入っているデッキでなくとも、追加ターンを狙うことがかなり容易になっている(ただしTCG版は《母なる大地》が存在するという別の側面で色の制約が薄かったが)。

10ターン経過という制約もさほど厳しいものではなく、コントロールデッキなら、そこまでの長期戦に十分持ち込める。ただし、10ターンも経過していれば、相手もそれなりに防御を固めているはずなので、追加ターンを得てもなおダイレクトアタックまで持ち込めないことは多々ある。特に、相手がS・トリガーを多くデッキに入れているならなおさらで、無理に攻撃してS・トリガーを踏んで盤面を返されると、一気に不利になることは十分にある。相手にターンを返してしまった時、今度は相手が《ボルバルザーク》を召喚してきて、そのままダイレクトアタックまで持ち込まれるなんてことも多々ある。

そのため、ダイレクトアタックまで持ち込むのが難しいと思ったら、追加ターンを逆に守りを固めるために使うというのも手である。

  • ()で書かれた部分は注釈文ではなく、能力の一部である。追加ターン中にボルバルザークを召喚しても自分のS・トリガーロックも追加ターンの獲得も解決されない。
  • 本家の効果では《紅神龍バルガゲイザー》のように望まぬタイミングで《ボルバルザーク》が出かねないデッキでは特殊敗北のせいで採用しづらかったが、こちらでは問題なく採用できるようになった。
  • DP殿堂前は、火や自然のカードが《ボルバルザーク》4枚のみでもデッキが十分機能することが知られていた。DP殿堂後も、多色カードをプレイする難易度は変わっていないものの、《ボルバル》1枚+色合わせに《ウインドアックス》など3枚という構成にしたのでは、デッキパワーが大幅に弱体化することになる。

環境において [編集]

DMPP-03リリース最初期以降からDP殿堂までの期間、環境のトップメタを走り続けた。
その活躍については「DMPP-01~DMPP-05環境(デュエル・マスターズ プレイス)」に記載。

10ターン経たないと追加ターンを得られないことから、どの時期にもコントロールデッキで採用される。それどころか「追加ターンを得るために他のカードで10ターン目まで試合を引き伸ばす」前提でデッキが組まれている。

コントロールではないデッキでの採用は、《コッコ・ルピア》入りのドラゴン軸デッキのみといっても過言ではない。《コッコ・ルピア》コスト軽減とシナジーがあるグッドスタッフとして挿されていた。

9月上旬のランクマッチにおける採用率が41.9%、公式大会「BATTLE ARENA」においても引き続き高い採用率だった事態を受け、2020年9月17日付でデュエプレ版の殿堂入りというべき、DP殿堂に指定された初のカードとなった。
DCGでは珍しく、ナーフして4枚使用可能を続投という形にはならなかった。これは、デュエプレの仕様を利用した「デッキ内の火と自然が《ボルバル》4枚だけ」という構築が横行していた問題を解消するためだと思われる。

その他 [編集]

  • このカードの登場によって、「先攻プレイヤーは、後攻プレイヤーよりも先に《ボルバルザーク》の追加ターン獲得権を得られる」という覆し難いアドバンテージを獲得することになった。
  • 10ターンという制約と新たに得たデメリットがほとんど足枷にならず、特殊敗北とパワー6000の破壊効果が削除されたことにより、TCG版より立ち回りの幅が増えてしまった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-08
    我を本気にさせたこと、後悔させてやる。地獄を見せて光のかなたに消すぞ。 ー無双竜機ボルバルザーク
    やだー! ーブルース・ガー
  • DMPP-03DMPD-05
    荒廃していく世界を救うため、異なる文明のドラゴンが奇跡の融合を遂げた。これが伝説の始まりとなる。
  • DMPP-03(シークレット)
    燃え盛る激情の炎、吹き荒ぶ大地の息吹。時すら超える存在が勝利を呼び込む。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 後にDP殿堂により、デッキに複数体入れることができなくなった。スタートチャージ10など、特殊なルールでは引き続き使うことができる。