無限銀河(むげんぎんが)ジ・エンド・オブ・ユニバース》 [編集]

無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース SR 光文明 (7)
進化クリーチャー:フェニックス 17000
超無限進化:自分のクリーチャー1体以上の上に置く。
メガメテオバーン10:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、自分はゲームに勝つ。
T・ブレイカー

DMEX-01で登場した進化フェニックス

超無限進化を持ちメガメテオバーン10を発動することでエクストラウィンが成立する。

10体のクリーチャーが要求されるのはオーバーキルのようにも見えるが、ウィニーを早いターンで簡単に並べられるコンボデッキの類では苦にならない。また、進化元クリーチャーでありさえすれば良いので、をタッチできるデッキならが合わなくともフィニッシャーとして採用することができる。

ルール [編集]

環境において [編集]

登場早々当時の【白緑メタリカ】フィニッシャーとして活躍。【白緑メタリカ】であれば色が合うので《水上第九院 シャコガイル》を見事に押しのけてフィニッシャーの座についていた。

【白緑メタリカ】が消滅してからはパワー12000以上であり《天風のゲイル・ヴェスパー》ダブル・シンパシー付与の適用範囲内である点を買われて【ゲイル・ヴェスパー】のフィニッシャー候補となった。

また、無月の門系統を使った場合下にカードが4~6枚溜まる特性から、タッチした【デ・スザーク】でも活用されている。その場合《ユニバース》のみを複数枚入れるか、《法と契約の秤》リアニメイトされる。

双極篇に入ると、マナゾーンからクリーチャーを一気に並べる《轟破天九十九語》との相性の良さから、【轟破天九十九語】にも投入されるようになる。

超天篇では超GRのギミックの登場で、より簡単に10体のクリーチャーを展開できるようになり、【サッヴァーク】に投入される機会も増えた。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-01
    ジ・エンド・オブ・ユニバース。かつて、その名前のみが語られた存在が、無限の力を得てここに降臨する。
  • DMEX-08
    みんなと戦えてよかった。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.GRクリーチャー10体が進化元の《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》が「メガメテオバーン10」能力でそれらを墓地に置いた場合、自分はゲームに勝ちますか?
A.はい、ゲームに勝ちます。(総合ルール 809.2b)
引用元

Q.自分の山札が5枚以下で、自分の《黒智縫合 レディオブ・ローゼルド》がバトルゾーンにいる状況です。相手の《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》が攻撃する時、「メテオバーン」で下のカードを10枚墓地に置いた場合、自分はゲームに負けますか?
A.いいえ、ゲームに負けません。「クリーチャーで攻撃される以外の方法」とは、ダイレクトアタック以外の方法を指します。
《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》の「攻撃する時」の能力でも相手はゲームに勝てません。
引用元