無頼聖者(ぶらいせいじゃ)サンフィスト》 [編集]

無頼聖者サンフィスト UC 光/自然文明 (3)
クリーチャー:ビーストフォーク/イニシエート 3000
ブロッカー
相手のターン中、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出してもよい。

DM-10で登場したビーストフォーク/イニシエート。最軽量のマッドネスクリーチャー

マッドネス能力が付きつつ3マナパワー3000と、非常に実戦的なスペックを持っている。
種族にも恵まれ、重ねられる進化クリーチャーの数はかなり多い。
更に攻撃も可能とコストから考えれば非常に優秀。

しかし、なるべくなら3マナ溜まった時点で場に出したいというこのカードの軽さと、手札にキープし続けることで威力を発揮するマッドネスの特性が若干噛み合っていないのはネック。
戦国編以降の環境ではほとんどのコントロールデッキになんらかのハンデスカードが投入されているため、活躍の機会は少なくなかったのだが、実際使ってみると多少の使いにくさがあることから、このカードの使用率はそこまで高くなかった。

《霊騎秘宝ヒャックメー》の登場以降は【カウンターマッドネス】での使用が目立ち、エピソード3になるとマッドネス軸の【オボロセカンド】でも使用されていた。

とは言っても、【ビーストフォーク】【イニシエート】など【白緑ビートダウン】などでは間違いなく投入される強さであった。種族も合うことから、マッドネスと相性の良い《聖天使グライス・メジキューラ》と組まれることが多い。《電脳聖者タージマル》のような汎用性は無いが、十分使えるカードであった。

革命編環境終期になると《S級原始 サンマッド》の侵略元になる点を評価され、白緑構築の《S級原始 サンマッド》を主軸としたデッキに入るようになった。以降、革命ファイナル環境終期に《復讐 ブラックサイコ》殿堂入りするまでの間、地雷デッキの潤滑油として偶に大会でも姿を見せていた。

その後、《復讐 ブラックサイコ》も《S級原始 サンマッド》も殿堂入りし、再浮上の要員であった《ベイB ジャック》プレミアム殿堂に指定されたため、再び影の薄い存在となった。

  • 漫画「FE」ではO(オアシス)トーイのいた南の島での20人対戦時にこれらしきクリーチャーを使用している。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]