熊四(くまよん)() ベアシガラ》 [編集]

熊四駆 ベアシガラ SR 自然文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 8000
<キリフダッシュ>[自然(4)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[自然(4)]支払って召喚してもよい)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

DMSD-14にて登場した自然ジョーカーズ/チーム切札

キリフダッシュでも出せる中堅クリーチャーで、cipで2枚のマナブーストとクリーチャー1体のマナ回収が行える。

《桜風妖精ステップル》などのクリーチャーが残る2コストマナブーストクリーチャーを2ターン目に出しておけば3ターン目にキリフダッシュで出すことができる。そこから《アイアン・マンハッタン》などの7マナ域のフィニッシャーに繋げると良い。

【赤緑キリフダッシュ】の中核を担うカードである。《ヤッタレマン》《タイク・タイソンズ》Jチェンジキリフダッシュを使うことで3ターン目の召喚が可能であり、4ターン目には《勝熱英雄 モモキング》をキリフダッシュで出せる所までマナを伸ばせる。cipでマナに置かれた《モモキング》を回収できることもこの流れの安定感を高めている。

4マナで召喚できるマナコストが7のクリーチャーなので《ジョリー・ザ・ジョルネード》マスターJトルネードの補助としても優秀。

後にキリフダッシュ3で出せる《飴の女王 スイート》が登場。
彼方もマナ加速を持ち、キリフダッシュにかかるコストの少なさが幸いしてデッキの多色率を上げても安定して動ける様になった。ハマった時の全体除去も強烈。
しかし、こちらにはマナ回収によるフィニッシャー回収能力があり、使いやすさでは全く負けてない。
どちらも優秀なので、併用して使うのもオススメだろう。

  • 名前の由来は「熊」と「四駆」(四輪駆動車)、金太郎(坂田金時)、熊が相撲をとった山「足柄山」[1]。モチーフは童話「金太郎」。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のクリーチャーの攻撃の終わりに《熊四駆 ベアシガラ》2体の「キリフダッシュ」の使用を宣言しました。この際、1体目の《熊四駆 ベアシガラ》を召喚した後、2体目を召喚する前に1体目の「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。《熊四駆 ベアシガラ》を召喚することで誘発する効果があった場合、その解決と2体目の《熊四駆 ベアシガラ》の召喚は好きな順序で行うことができます。
引用元


[1] 金時山。静岡県・神奈川県境に実在する山である