爆熱剣(ばくねつけん) バトライ() [編集]

爆熱剣 バトライ刃 VIC 火文明 (3)
ドラグハート・ウエポン
これを装備したクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せてもよい。それが進化でないドラゴンか進化でないヒューマノイドであれば、バトルゾーンに出す。それ以外なら山札の一番下に置く。
これを装備したクリーチャーは攻撃されない。
龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、ドラゴンをバトルゾーンに出していれば、このドラグハートをフォートレス側に裏返してもよい。
龍解後⇒《爆熱天守 バトライ閣》
※殿堂入り

DMX-18で登場したビクトリーを持つドラグハート・ウエポン

装備したクリーチャーの攻撃時に山札の一番上がドラゴンまたはヒューマノイドであればコスト踏み倒しする能力と、装備したクリーチャー攻撃されなくなる能力を持つ。

呼び出しを行うのは、自分自身もコスト踏み倒しの対象になれる《龍覇 スコッチ・フィディック》が適任だろう。
龍解後の《爆熱天守 バトライ閣》の能力が「自分の火のクリーチャーが攻撃する時」であるため、を中心とするデッキに組み込むのが基本となるが、《龍覇 マリニャン》などのコスト5のドラグナーサイクルならどれでも呼び出すことができ、龍解は任意なのでドラゴンを多めに組み込むデッキであれば以外でも候補となりうるだろう。小型で踏み倒し範囲が広がったバルガ系のクリーチャー(能力的には《偽りの名 バルガ・ラゴン》が近い。)のような運用ができる。
いずれのカードもパワー5000であり、《勝利のガイアール・カイザー》と相討ちにされないようにするためか、これを装備したクリーチャーは攻撃されない。《龍覇 グレンモルト》に装備しても《超次元ミカド・ホール》から呼び出されれば相討ちになっていたため、非常にありがたい効果である。

登場以降、その汎用性から多くのドラグナーデッキに採用されている。《爆熱DX バトライ武神》まで龍解すれば怒涛の展開力を発揮するので、その展開力をあてにして呪文が多めの構築である【ロージアミラダンテ】もこのカードを出張させている。

  • 攻撃されないの付与はよく忘れられやすい。踏み倒しの方ばかりに目が行きがち。

ルール [編集]

  • 相手がドラゴンを出しても、龍解条件は達成される。
  • 非ドラゴンのクリーチャーを出して、そのターン中にそれにドラゴン種族を追加しても《爆熱剣 バトライ刃》の龍解条件を達成したことにならない。バトルゾーンに出した時点で、ドラゴンでなければ、龍解条件は達成されない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《龍覇 ラブエース》の「出た時」の能力で《爆熱剣 バトライ刃》を装備しました。ターン中他のドラゴンを出していない場合、この《爆熱剣 バトライ刃》はターンの終わりに《爆熱天守 バトライ閣》へ「龍解」できますか?
A.はい、《爆熱天守 バトライ閣》へ「龍解」することができます。
引用元

Q.自分の《覚星龍界 剣聖ジゲン》の「攻撃する時」の能力で《爆熱剣 バトライ刃》を裏返す時、《爆熱剣 バトライ刃》には他に2つの面がありますが、そのどちらに裏返せますか?
A.《爆熱天守 バトライ閣》《爆熱DX バトライ武神》、好きな方を選んで裏返すことができます。
引用元