(ちち)なる大地(だいち) [編集]

父なる大地 C(UC) 自然文明 (3)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。その後、進化ではないクリーチャーを1体、相手のマナゾーンから選び、相手はこれをバトルゾーンに出す。

DMX-04で登場した自然呪文《母なる大地》調整版

同じ調整版である《母なる紋章》とは逆に、《母なる大地》除去性能のみを受け継いでいる。本家同様、バトルゾーンマナゾーンにある相手クリーチャーを入れ替える呪文だが、本家とはまた違った使い方ができる。

本家と同じく、相手のファッティマナ送りにしてウィニーに変換するのが主な使い方。後半で役に立たなくなっている《霞み妖精ジャスミン》などが狙い目だろう。
また、サイキック・クリーチャードラグハート・クリーチャーGRクリーチャーを対象に取ると事実上3コストランデス呪文にもなる。

コストの軽さと汎用性の高さから、《ナチュラル・トラップ》に代わる自然除去として広く使用されている。競合するであろう《リーフストーム・トラップ》《グローバル・ナビゲーション》とはデッキタイプと相談しながら選択したい。

環境において [編集]

効果判明から登場するまでの間は《母なる大地》《母なる紋章》との比較から酷評が相次いでいたが、登場後にランデスできる強さや《リーフストーム・トラップ》と異なり自軍を巻き込まないという差別化点からメジャーカードとして評価された。

コスト踏み倒しメタが普及した新章デュエル・マスターズ以降の環境では、これを相手ターン中のS・トリガー唱えた際に自分の踏み倒しメタに反応させるという使い方が浸透した。逆にクリーチャーとしては終盤に腐りやすい《奇石 ミクセル》に変換するのもよい。

超天篇から十王篇にかけては《神秘の宝箱》などのマナゾーンへのサーチが重宝されているため、この頃にはマナゾーンに仕込んだ相手のクリーチャーを望まぬタイミングで出させる手段として重宝されている。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]