真実の聖霊王(トゥルーエンジェル) レオ・ザ・スター》 節を編集

真実の聖霊王 レオ・ザ・スター P 光文明 (9)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン/ハンター 12000
進化−自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
ブロッカー
T・ブレイカー
自分の他のエンジェル・コマンドがバトルゾーンを離れる時、離れるかわりにバトルゾーンにとどまる。

DMD-08で登場した大型進化エンジェル・コマンド/アンノウン/ハンター

味方のエンジェル・コマンドバトルゾーンを離れる代わりにとどまる置換効果を生成する常在型能力を持つ。
アンノウンハンターを併せ持つ初のクリーチャーでもある。

このクリーチャーがある間、他のエンジェル・コマンドはほぼ不死身と化す。この能力自体は非常に強力で、破壊はもちろんバウンスマナ送りなど、ほとんどの除去を防ぐことができる。

相手からすれば真っ先にこのクリーチャー除去しなければならないが、ブロッカーなので簡単に除去されることも多々ある。《超次元シューティング・ホール》《爆竜 GENJI・XX》《熱血龍 GENJI・XXX》などで落とされてはたまったものではないだろう。
逆に《ペトリアル・フレーム》《光器クシナダ》などでこのクリーチャー自身を守ってやれば無敵の軍団が出来上がるため、何らかのサポートを用意したい。

ネックはやはり重いコスト。自身が進化クリーチャーであるため、ブロッカーの十八番である《ヘブンズ・ゲート》によるコスト踏み倒しが通用しないのが難点である。

その代わりに、コストが9であるため《極まる侵略 G.O.D.》能力コスト踏み倒しが可能。【九極侵略】においてはこのカードを踏み倒すことで、コスト踏み倒しメタによる除去を乗り越える形で《G.O.D.》の能力を最大限発揮することが可能。自身は除去に狙われるが、2体出しや《超九極 チュートピア》でカバーできる。
他には《パルピィ・ゴービー》などの山札操作《偽りの名 オレオレ・ライオネル》を合わせてコスト踏み倒しを狙ってみるのも良い。ガチンコ・ジャッジにも勝ちやすくなるため、噛み合わせは悪くない。

いずれにせよ、このカードを使いこなすにはすばやくバトルゾーンに出すことが大切だろう。うまくデッキを組んでやりたい。

  • 読み仮名の問題で、聖霊王サポートの対象外となっている。

フレーバーテキスト 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集