眼鏡妖精(めがねようせい)コモリ》 [編集]

眼鏡妖精コモリ C 水/自然文明 (3)
クリーチャー:スノーフェアリー/チームウェイブ 2000
<バズレンダ>[無色(2)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う。)
BR-カードを1枚引く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚マナゾーンに置く。

DMRP-14にて登場した/自然スノーフェアリー/チームウェイブ

バズレンダドローと、通常cip手札からマナブーストが出来る。

ドローマナブースト強制なため、追加コスト無しで出せば1マナブースト札として考えられる。
《青銅の鎧》に代表されるようにコスト3のマナブースト獣は数多くいるが、このクリーチャー手札からある程度カードを選べるのが強み。

バズレンダの追加を1回した場合は手札+1(このクリーチャー分を引くと0)、マナ+1となる。
《飛散する斧 プロメテウス》とはカードを置く順番が違い、それによって選択肢のあるゾーンが異なるものの、そちらとほぼ同等のスペックが出せる。
2回以上追加バズレンダすると《剛撃古龍テラネスク》などのコストパフォーマンスに劣ってくる。

なによりこのクリーチャーの強みは自身に繋げられる、つまり『1枚で複数のマナカーブを埋められる』こと。特にコストパフォーマンスを高く保てる3と5の担当としては適任。
色が合い、3→5→7の動きをするデッキであれば間違いなく潤滑油として重宝できる。

素のコストが軽いこともあり、消耗戦でアドバンテージを稼いでくることができるなど腐りづらい。

1コスト上により強力なバズレンダを持つ《ウマキン☆プロジェクト》が存在するため、よりコストが低い点やマナカーブなどで差別化したい。

ただ、の組み合わせとバズレンダを考慮しなければ《天災 デドダム》で事足りる場合もある。マナが伸びないビートダウン系統では優先道が下がるだろう。

【青黒緑シャコガイル】における《悪魔の契約》ポジションとしても考慮される1枚。《アルファゴリラー》と異なり初動マナブーストになるのが大きい。

  • カード名の由来は「コウモリダコ」と「ひきこもり」からだろう。カードイラストには瓶底眼鏡をかけてゲームをしているスノーフェアリーと同じ眼鏡をしているデフォルメされたコウモリダコが描かれている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]