破壊と誕生の神殿(エターナル・サンクチュアリ) [編集]

破壊と誕生の神殿 SR 火/自然文明 (6)
呪文
パワー5000以下の相手のクリーチャーを1体破壊する。相手がそのクリーチャーを墓地に置いた時、自分の山札を見る。その中から、墓地に置かれた相手のクリーチャーとコストが同じクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-11で登場した/自然エターナル呪文

パワー5000以下の相手クリーチャー1体を破壊し、同じコストクリーチャーリクルートできる。

コストが高いクリーチャー破壊した方がリターンも大きいため、できるなら弱小クリーチャーは相手にしたくない。真っ先に狙うべきは、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《封魔妖スーパー・クズトレイン》《バキューム・クロウラー》などの4〜6コスト域のシステムクリーチャーだろう。これらは放置しておくといいように動かれてしまうが、多くはパワーコストに対して低めで破壊しやすい。

《アクア・サーファー》《火焔タイガーグレンオー》等のS・トリガークリーチャーも狙い目。破壊しつつ、自分のデッキの同名のクリーチャーで返してやるのも面白い。
パワー低下と組み合わせて高コストクリーチャーを狙ってみるのもいいだろう。
革命編《閃光の守護者ホーリー》《破壊者 シュトルム》など凶悪なS・トリガークリーチャーが増えたのは追い風になるか。

あまり相手次第にならないよう、こちらも低〜中コスト域にクリーチャーをばらけさせてデッキを組むことも重要である。特に進化クリーチャーは出せる状況が限定されるものの、コストに対して性能が高いため是非狙って行きたい。《超電磁コスモ・セブ Λ》のように進化元の指定が緩いものが使いやすい。

サイキック・クリーチャーの登場で相対的に強化されたと言える。《勝利のガイアール・カイザー》《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》が射程内に収まっているため、返しのターン破壊しつつ《超竜バジュラ》などを出すことも夢ではない。

環境において [編集]

登場当初はコスト踏み倒し相手依存な上に範囲も狭いためあまり評価されなかったが、戦国編環境になると5コスト域に優秀なカードが多い【マルコビート】に刺さることから評価が上がった。

覚醒編環境に名目コストの高いサイキック・クリーチャーが溢れると、忽ち高コストクリーチャーをリクルートする可能性に恵まれた札として評価が鰻登りになった。

エピソード2環境では《希望の親衛隊ファンク》を砕いて《次元流の豪力》を呼び出す札としての性質を持ち、ドラゴン・サーガ環境では【グレンモルト】ミラーマッチ対策としての色を帯びた。

ルール [編集]

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • サンクチュアリ(Sanctuary)の正しい意味は「神殿」ではなく「聖域」。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

破壊と誕生の神殿 VR 火/自然文明 (6)
呪文
相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。そのクリーチャーが破壊されたなら、自分の山札から破壊されたクリーチャーと同じコストかつ進化でない、ランダムなクリーチャー1枚をバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。

他のエターナル呪文に合わせるためかレアリティベリーレアに降格。
火力が6000ラインに上がった一方で、山札から呼びだすクリーチャーはランダムかつ進化は呼び出せなくなり、強制となった。

火力が上がったのは大きく、《神滅竜騎ガルザーク》《紅神龍ジャガルザー》などの6コストに手が届きやすくなり、【ヘブンズ・ゲート】に入る高コストの《悪魔聖霊バルホルス》《血風聖霊ザーディア》も範囲に入るのが嬉しいところ。

ランダムになったとはいえ、火力が上がったことで、コストの高いクリーチャーをリクルートしやすくなったので、どちらかと言えば強化されたと言える。

  • 元のテキストでそうなっている名残から、「そのクリーチャーが破壊されたなら」とわざわざ書かれている。
    • デュエプレでも、実際に破壊されていなければ(破壊置換効果などが発動していなければ)、踏み倒しは行えないことを強調するためだろう。

サイクル [編集]

DM-11DMPP-05エターナル呪文サイクル

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-05
    その神殿は、訪れた者を容易く輪廻させる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]