破壊龍神(はかいりゅうじん) [編集]

破壊龍神 SR 闇/火文明 (マナコストなし)
ゴッド
ゴッド:次のいずれかのゴッド・クリーチャーとして召喚する。
►[闇(5)]《龍神ヘヴィ》
►[火(7)]《龍神メタル》
《龍神ヘヴィ》と《龍神メタル》がリンク中⇒《龍神ヘヴィ・メタル》

DMPP-11で登場した/ゴッド・カード

龍神ヘヴィ SR 闇文明 (5)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 5000+
G・リンク[火(7)]:《龍神メタル》とリンクして《龍神ヘヴィ・メタル》となる。
バトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体を破壊してもよい。そうした場合、相手は自身のクリーチャー1体を破壊する。
リンクした時、カードを1枚引く。
龍神メタル SR 火文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
G・リンク[闇(5)]:《龍神ヘヴィ》とリンクして《龍神ヘヴィ・メタル》となる。
バトルゾーンに出た時、相手のクロスギア1枚を墓地に置く。
相手の使用可能マナは1少なくなる。(この効果は重複しない)
W・ブレイカー
破壊神デス SR 闇/火文明 (10)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 12000+
スピードアタッカー
T・ブレイカー
リンクした時、相手のゴッド以外のクリーチャーをすべて破壊する。

TCG版と比べると、大きな部分では以下の3点が異なる。

  • 《龍神ヘヴィ》のドロー能力が、cipで自分のクリーチャーを破壊した時から、《ヘヴィ》→《ヘヴィ・メタル》へのリンク時に変更された。
  • 《龍神メタル》のcipのクロスギア除去とランデスのどちらか一方を選ぶ能力が、cipによるクロスギア除去と、常在型能力で1枚限定の永続的なマナロック(疑似ランデス)に分割・変更された。
  • 《破壊神デス》は、《龍神ヘヴィ・メタル》の状態でないと召喚(G・リンク)できない。また、パワーが1000上がる強化を得た。

墓地ではクリーチャー扱いではないゴッド・カードであることと、1ドローのタイミングが変わったことから、【ヘヴィループ】ができたTCG版ほど気軽に《ヘヴィ》自身あるいは他のクリーチャーを破壊させることはできなくなった。
そして、《竜極神》《超絶神ゼン》とは異なり、代替能力ではなく純粋な新規能力を得られていない点は気になる。

反面、少ないスロットで《護りの角フィオナ》と同等の対ビートダウン兵器の効果を使えること、そこに《コッコ・ルピア》などのコスト軽減も乗せられること、相手がクロスギアを使っていたらクロスギア除去と疑似ランデスの両方が活用できることなどが評価点となる。

《メタル》はランデス性能の低下で連打によって相手のマナを縛り続けることができなくなっているが、そもそもデュエプレには《焦土と開拓の天変》がなく、コスト7の《緑神龍ミルドガルムス》をコンセプトにしたランデスデッキがあまり使われていない以上、使い勝手にはさほど影響はないだろう。

《デス》は《ヘヴィ・メタル》によって呼び出されてリンクするためのトークンカードのような存在となっており、単一のクリーチャーとして運用する方法がない。
スピードアタッカーを持っているが、出すと同時にリンクし、リンクしたゴッド召喚酔いしないので意味がない。
T・ブレイカーも、このクリーチャーで攻撃する機会はなく、デュエプレでは異なる「ブレイカー」能力を所持している場合、より大きいブレイク数となるので意味がない。
これらの能力クリーチャーとしての体裁を整えるために持たされているといった印象が強く、実質的に意味のある能力リンク時の全体除去のみとなっている。
単一で存在することを想定していないためかG・リンク[闇(5)]/G・リンク[火(7)]も持たず、《ヘヴィ》《メタル》側もG・リンク[闇火(10)]を持たないため、《ヘヴィ・デス》や《デス・メタル》になることはできない。

  • 《破壊神デス》は、デュエプレのスーパーレアでは初の、イラストが枠からはみ出していないカードである。とはいえ、前述の通りカードとして使うことはできない。
    • イラスト左下、カードタイプの「ゴッド・クリーチャー」と書かれた部分近くは、ちょっとだけ長方形からはみ出している。

龍神(りゅうじん)ヘヴィ・メタル》 [編集]

龍神ヘヴィ・メタル SR 闇/火文明 (12)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ/アーマード・ドラゴン 12000+
(《龍神ヘヴィ》と《龍神メタル》がリンク中)
G・リンク[闇/火(10)]:《破壊神デス》とリンクして《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》となる。
相手の使用可能マナは1少なくなる。(この効果は重複しない)
相手のターン中、このクリーチャーがタップされていて、そのターンにまだ攻撃を受けていないなら、相手のクリーチャーは可能ならこのクリーチャーを攻撃する。
T・ブレイカー
ゴッド・カード:《破壊龍神》
《龍神ヘヴィ・メタル》と《破壊神デス》がリンク中⇒《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》

この状態では、TCG版と比べると、自身への攻撃強制が、《不落の超人》と同様の能力への弱体化を受け、盤面の制圧力が弱まった。

「《ヘヴィ》を出し、次のターンに《メタル》を出し、1ドローしつつ攻撃強制を発動」という動きは、「進化元を出し、次のターンに《護りの角フィオナ》を出し、1枚手札補充しつつ攻撃強制を発動」という動きと類似している。

  • 《破壊神デス》とのリンクにより、TCG版と同様の攻撃強制能力へと変わる。
  • 《ヘヴィ》の持っていた、リンク時1ドロー能力が消えているので、《ヘヴィ・デス・メタル》にリンクしても1枚引くことはできない。

破壊龍神(はかいりゅうじん)ヘヴィ・デス・メタル》 [編集]

破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル SR 闇/火文明 (22)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ/アーマード・ドラゴン 24000
(《龍神ヘヴィ・メタル》と《破壊神デス》がリンク中)
相手の使用可能マナは1少なくなる。(この効果は重複しない)
相手はこのクリーチャーを選べない。
相手のクリーチャーは、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。
ワールド・ブレイカー
ゴッド・カード:《破壊龍神》

最終形態はTCG版とほぼ同様の性能で登場した。

デュエプレでは、「毎ターン」が付いてなくて回数指定もない攻撃強制は、1回攻撃するともう攻撃しなくても良いことになっている(《一撃勇者ホノオ》により確認済み)。よって《無限掌》無限ループは発生しない。

リンクしたゴッドなのでスピードアタッカーは意味のない能力となってしまうためか、テキストに継承されていない。

  • 攻撃後に破壊されずアンタップした場合は、そのクリーチャーは攻撃をしないでターンエンドする選択ができるようになるが、ターンエンドせず追加攻撃をする場合はどうなるのか要検証。
    • 普通にプレイヤーを攻撃できるのか、《デクロイド・デクノ》などの「攻撃するなら、可能ならクリーチャーを攻撃する」扱いとなってプレイヤーに攻撃はできないかの二択となる。
  • ゴッド・カード初のシークレットカードが存在し、《ヘヴィ》《デス》《メタル》《ヘヴィ・メタル》《ヘヴィ・デス・メタル》の5面すべてが新規イラストとなっている。
    そのためか、通常版のリンク後は他のゴッド・カードと違い新規イラストではなく、《ヘヴィ》《デス》《メタル》の元イラストがそのまま詰め込まれる形のイラストとなっており、《ヘヴィ・デス・メタル》ともなると人によっては非常に窮屈な印象を受けるだろう。

関係カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-11
    • 全ての決着がついたと思われた矢先、超銀河弾によって開いた穴から暗黒王の遺志を宿した破壊神が現れた。(破壊龍神/破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル)
      (注:破壊龍神では「超銀河弾」となるべきところ「超」が抜けている)
    • その翼には暗黒王の悪意が宿る。(龍神ヘヴィ)
    • その牙には暗黒王の殺意が宿る。(龍神メタル)
    • 絶対的な破壊!圧倒的な力!これこそがたる証!!!神の力をその目に焼き付けよ!!!!――破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル(破壊神デス)
    • その魔眼は、敵対する者の狂気を呼び覚ます。向かう先は、破滅のみ。(龍神ヘヴィ・メタル)
  • DMPP-11(シークレット)
    • その翼は絶対的な破壊の象徴。その光は滅亡の閃光。最強最悪の神、ここに在り。(破壊龍神/破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル)
    • 黒翼が逃げ惑う敵の息の根を止める。(龍神ヘヴィ)
    • 爆炎が対峙する敵の退路を断つ。(龍神メタル)
    • 我は破壊と絶望の権化なり――破壊神デス(破壊神デス)
    • 禍々しき翼を持つ龍神が、対峙する者の狂気を呼び起こす。(龍神ヘヴィ・メタル)

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]