神門(しんもん)精霊(せいれい)エールフリート》 [編集]

神門の精霊エールフリート P 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 4500
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中から呪文を1枚選んで手札に加え、残りを自分の墓地に置く。

DMC-37で登場したエンジェル・コマンド
cip山札を3枚めくり、呪文を1枚手札に加える能力を持つブロッカー

収録された【ヘブンズ・ゲート】構築済みデッキでは、5マナでこのクリーチャー召喚して《ヘブンズ・ゲート》手札に加え、次のターン《ヘブンズ・ゲート》《天海の精霊シリウス》を出す流れが強力。
もちろん、それ以外の呪文を持ってきて準備を整えることもできる。

また、選んだ呪文以外は墓地に送らなければならないが、この時クリーチャーを墓地に送ることでリアニメイトに活かすこともできる。
肝心の《インフェルノ・サイン》を手札に入れられるのもいいところ。
ただし、それ以外の重要なカードが落ちる危険性もあるので、《デ・バウラ・チャージャー》などの墓地回収や、《大神砕グレイトフル・ライフ》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》等でうまく利用したいところ。

  • 墓地肥やしの手段としても有効。別段呪文が多くなくとも、何らかの墓地利用が必要でが入るようなら十分に採用を検討できる。勿論何らかのキーカードに呪文が含まれているようなら非常に強力な墓地肥やし兼サーチとなる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

神門の精霊エールフリート R 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 4500
ブロッカー
相手プレイヤーを攻撃できない。
バトルゾーンに出した時、自分の山札から呪文を探索し、1枚を公開してから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

レアリティレアになった。また、山札全体から探索して1枚選ぶようになり、選ばなかったカードを墓地に置かない仕様に変更。
不発がなくなり、ある程度狙った呪文サーチできるのは優秀である。TCG版よりも確実に《ヘブンズ・ゲート》を撃ちやすくなった。

その他 [編集]

  • 漫画「FE」では、ザキラに洗脳されたW(ホワイト)こと白凰が使用(本当はこの時は既に洗脳が解けていたが)。その際、《龍聖霊ウルフェウス》墓地に落ちた時、対戦相手のベルベルが「それは貴様の切り札のはず。大切な切り札をも捨てるとは…」と言ってホワイトを締め付けていたが、ウルフェウスがヒットしたのは偶然なので、ちょっと言いすぎではないだろうか。
    ちなみにその後ウルフェウスは《インフェルノ・ゲート》によってリアニメイトされた。その描写からこれはコンボであったと同時に当時の白凰の気持ちの表れだったと窺うこともできる。
  • 漫画「SX」では座美得聖が勝舞戦で使用している。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]