禁断(きんだん) [編集]

禁断 VR 火文明 (9)KNDN VR Fire (9)
クリーチャー:(種族なし) 9999Creature 9999
クリーチャーは攻撃できない。Creatures can't attack.
クリーチャーの封印を外せない。Seals can't be removed from creatures.

月刊コロコロコミック2015年10月号付録として先行登場し、DMR-18に収録された種族を持たないクリーチャー

パワーが9のゾロ目、無種族と、とにかく異色づくしのクリーチャー。自身を含む全クリーチャー攻撃できない付与するクリーチャーは、デュエル・マスターズでも初。(一応、《予言者マリエル》《ノーブル・エンフォーサー》で近いことはできる。)

このクリーチャー除去するか、ダイヤモンド状態にしない限り、山札が多い方が勝つことになるため、コストの問題さえ解決すれば《ヴォルグ・サンダー》《ダイヤモンド・ソード》のようなカードとの相性がいい。

  • 新たなキーワードである「封印」を司る存在として登場するも、その全容は謎に包まれていた。コロコロ10月号付録「時よ止まれミラダンテ!!レジェンド攻略BOOK」では、「まだ真の姿を現していない」と紹介されていた。その真の姿はDMR-19で明らかになった。
  • プロモ版は「禁断文字」で書かれており、そのままでは読めない。その実態はアルファベットの換字式暗号であり、解読すると英文が出力される。この禁断文字によるテキストは前月号である9月号から公開されており、新能力「封印(seal)」の存在はこの段階で示唆されていた。2つ目の能力は受動態の表現なので分かりにくいが、意味としては日本語文と全く同じ。
    • 禁断文字(英語)で書かれているが、レジェンド攻略BOOKによるとデュエルでの使用が認められている模様。あくまで日本版デュエル・マスターズTCGで発売された外国語版カードであり、国外で販売されたものではないからだろう。ただし禁断文字版のカードを使用する際は、テキストの確認ができるように日本語版のカード及び同じ付録であるレジェンド攻略BOOKを用意しておくなりしておきたい。
  • 一方で同じく突拍子もない種族表記をされている《正体不明》???というれっきとした種族を持つ。謎めかした種族表記が二者の関連性を匂わせている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMR-18
    この封印が解かれし時、「禁断」の力が解放される…。
  • プロモーション・カード(P27/Y14)
    The world will come to end when the forbidden seal becomes unlocked.
    訳:禁断の封印が解かれる時、世界は終焉を迎えよう。

収録セット [編集]

参考 [編集]