禁断(きんだん)解放(かいほう)せしX(エックス)〜》 [編集]

禁断〜解放せしX〜 SR 火文明 (2)
禁断の鼓動
この鼓動を出した時、封印を6つ付け、その後、カードを1枚引く。
この鼓動はバトルゾーンを離れない。
禁断解放:この鼓動の封印がすべてなくなった時、自分の山札を見る。クリーチャーを1体、自分の山札、マナゾーン、または墓地から出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。コマンドが出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印を1つ、墓地に置く)

カード名の「エックス」の表記は、実際のカードでは禁断文字、公式カードリストでは「X」

DMEX-17で登場した禁断の鼓動

初のゲーム開始時に山札に存在できる禁断の鼓動である。勿論裏面は存在しない。

バトルゾーンに出た時に自身に封印を6つ付けてから1ドローし、封印が全てなくなった時に禁断解放する。
禁断解放したら山札マナゾーン墓地の広いエリアから好きなクリーチャーを呼び出せる。ここまで踏み倒し範囲が広ければシールドに埋まらない限り、呼び出せない事は無いだろう。
また、封印の解放にはコマンドが必要であるが、この効果で呼び出せるクリーチャーに対しては一切の指定が無いのでどんなカードも存分に活躍させられる。デッキスペースもあるので、《禁時混成王 ドキンダンテXXII》の様な大型フィニッシャーを1〜2枚入れるとよい。
なお、相手に後述の《とこしえの超人》を場に出された際には正規コストでの召喚が視野に入るので、踏み倒す予定のクリーチャーの文明がそれ1枚しか入っていないというような構築は避けた方が良いだろう。

元となった《禁断〜封印されしX〜》と同じく、【レッドゾーン】【ドルマゲドンX】での採用が期待できるだろう。

一度バトルゾーンに出したら決して他のゾーンへ移動させられない為、バウンスなどによる使い直しは出来ないが、相手のカード指定除去を受け付けないのは大きなメリットである。

《オールデリート》と組み合わせると、自身の封印をすべて外しつつ、お互いの防御を丸裸にした後、山札からスピードアタッカーを呼べる必殺のコンボが決まる。

しかし、アドバンス環境では《禁断〜封印されしX〜》が最初からバトルゾーンに用意出来ていた為、最悪《オールデリート》1枚をデッキに入れられれば良かったが、このカードでそのコンボを行う場合はこのカード自身と《オールデリート》、そして呼び出し先となるスピードアタッカーを入れる為に、最低でもデッキスペースを3枚消費してしまう。勿論スピードアタッカーの欄は汎用性のある《轟牙忍 ハヤブサリュウ》《聖魔連結王 ドルファディロム》で補われるとはいえ、運用には注意したい。加えて、EXライフが残っているブロッカーなど、コンボ成功時の障害となる存在も考えておくこと。
《オールデリート》後はバトルゾーンで誘発する敗北回避能力持ちと手札誘発の防御札がリセットされているので、《海憤混成 ジャガ・A・ルザー》などスピードアタッカーアンブロッカブルを両立したクリーチャーを出せば、EXライフが残っているブロッカーに怯える心配はなくなる。
オリジナル環境における【オールデリート】の研究に期待が持たれる。

禁断解放には封印を0枚にする工程が必要。《デュエマの鬼!キクチ師範代》がいる時に《禁断〜解放せしX〜》を出してしまうと、バトルゾーンを離れないだけの置物になってしまう。
一応、オリジナル《針柩医 ゼントヨウ》で毎ターン発生する自身へのカード指定除去を実質無効化できる。

《Black Lotus》と同じく《爆流忍法 不死鳥の術》との組み合わせも悪くない。こちらはキャントリップと除去耐性を持っており、《爆流忍法 不死鳥の術》使用前でのアドバンテージの損失がない点で勝る。
もちろんあちらには《禁断〜解放せしX〜》にはない利点もあり、マナコストがかからないため今引き等の運的要素や、お互いに決めきれずに帰ってきた際にコスト軽減として用い得ることができる点が優れている。

裁定未判明 [編集]

このカードは裏面が他のカードと同じデザインになっている初の禁断の鼓動である。
そのため禁断の鼓動は両方に表面があるという前提で書かれた総合ルール807とは矛盾した存在となる。
このカードのような例外が登場したことで総合ルールの表記がどう変わるかは不明。
ただしカードの挙動としては特筆するものはなく、総合ルール内の禁断の鼓動の定義が変更されるのみにとどまると思われる。

その他 [編集]

  • イラストは《禁断〜封印されしX〜》が赤くなったような見た目になっている。名前も自身が封印されているというものから、《禁断》が他のクリーチャーを解放するような名前になっている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]