禁時混成王(きんじこんせいおう) ドキンダンテXXII(トゥエンティツー) [編集]

禁時混成王 ドキンダンテXXII KGM 光/水/火文明 (9)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/禁断 99999
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーの能力をすべて無視する。
相手のターン中、相手がコスト9以下のクリーチャーを召喚した時またはコスト9以下の呪文を唱えた時、自分はカードを1枚引いてもよい。その後、コスト9以下の呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。

DMRP-18で登場した//ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/禁断クリーチャー

cipで次の自分のターン開始ステップまで相手クリーチャーすべての能力無視できる。《伝説の禁断 ドキンダムX GS》の時と違い、返しの相手のターンにも効果が及ぶ。
相手のすべてのクリーチャーを実質的なバニラにしてしまえるなどメリットはあるが、相手の攻撃できない能力も消してしまうことに注意。

相変わらず後から出てきたクリーチャーには効果はなく、cipスピードアタッカーには無力だが、相手がコスト9以下のクリーチャー呪文を使ってくるものなら、後述の能力で対応できる。

また、引き継ぎはされるため、既存のバトルゾーンのクリーチャーから進化したクリーチャーに効果がある点も強い。例えば《SSS級天災 デッドダムド》のような、除去能力を持った侵略クリーチャーを、能力が無視されているクリーチャーの上に乗せても、その能力は無視される。
特にスター進化をはじめ進化元を残すことのできるクリーチャー相手にも強く、能力自体が無視されるので、除去すれば進化元もまとめて除去できる。

さらに、相手のターン中、相手がコスト9以下の、クリーチャーを召喚、もしくは呪文を唱えた時、自分は1ドローコスト9以下の呪文を、手札から踏み倒すことができる。
主にcipの効果範囲外となるクリーチャーへの対処に使われるが、クリーチャーや呪文を使って来ようものなら呪文で反撃できるし、何も使ってこないのであればそれはそれでロックとして機能したことになる。最悪手札に唱えられる呪文がなかったとしても、ブラフにはなる。

相手としては厄介なクリーチャーなので早期に片付けたいところだが、自身の莫大なパワーEXライフも相まってかなり粘り強く場に居座り続けることができる。
多色クリーチャーであるため、除去札として採用されることの多い《聖魔連結王 ドルファディロム》による除去も通じない。

相手の動きが消極的になるのなら、返すターンでこちらがしっかりとアドバンテージを稼いでいけば、ゲームの流れをこちら側に一気に引き込むことができるだろう。実質追加ターンを得ているようなものである。

もちろんそういったテクニカルな動きをせずとも、相手がカードを使えばほぼ1枚のドローが約束されているようなものなので、置きドロードローソースとしての役割を任せるだけでも充分に強力。
場持ちが非常に良いので継続的にアドバンテージを稼いでくれるだろう。ドロー任意なのでライブラリアウトの心配もない。

弱点としては、コスト10以上のクリーチャー呪文には効果を発揮できない点。もっとも、コスト10以上のクリーチャー、呪文を採用するデッキはかなり稀だが。また、コスト9以下のクリーチャーであっても、召喚ではない方法でバトルゾーンに出した場合は反応しない
当然ではあるが、フィールドクロスギア、すでにいるGRクリーチャーオレガ・オーラを重ねる場合など、クリーチャー呪文以外のカードには反応しない。

ゲームを一気に終わらせるフィニッシャーではないが、ゲームをコントロールするという役割に秀でたクリーチャーであると言える。
もちろん、合わせるクリーチャーや唱える呪文によってはフィニッシャーも十分に務められるだろう。

ゲームにおいて [編集]

  • 出すだけで相手の能力を消去できるため、当然ながら既に卍誕した《零龍》が相手の場に居れば出した時点で勝利できる。

背景ストーリーでは [編集]

ディスペクター五大勢力の一つである「混成」派閥の
運命を捻じ曲げる能力に加え、ミラクルD2フィールドの力で攻撃を受け付けない。
その力で禁断爆発を引き起こしてアチーチ・タウン周辺半径2万kmを消し飛ばすついでにフィオナの森も燃やしたり水文明の禁断の12プログラム同時起動を行うなどやりたい放題の限りを尽くし、世界滅亡の危機をもたらした。
しかし、《アルカディアス・モモキング》絶対の秩序で滅亡の運命を上書きされ、ミラクルD2フィールドの守りも破られる。

その他 [編集]

  • 見た目は従来の混成ディスペクターとは異なり、《ドキンダムX》の手足が《ミラダンテXII》色のモザイクへと変化して消失し、大量の禁断文字が描かれた、馬の脚を模した4本の支柱を備える巨大な石柱に磔にされる様に融合させられている。
    さらに《ドキンダムX》の背中に描かれていた門のような部分が《ミラダンテXII》の時計に変化し、《ドキンダムX》の槍が時計の針に使われている。
    そして石柱から《ミラダンテXII》の翼が直接生え、《ドキンダムX》の腹の下に《ミラダンテXII》の兜がある……といった具合に元のクリーチャーの、特に《ミラダンテXII》の四肢をとどめていない異様な姿をしている。
    • 合体元となった《ミラダンテXII》と《ドキンダムX》はサイズ差が違いすぎるため、双方の特徴が残るようにこのようなデザインになっているものと思われる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] アルファベットの「エックス」がローマ数字の「10」に読み換えられている