秩序(ちつじょ)邪将(じゃしょう) ビホルダー》 節を編集

秩序の邪将 ビホルダー P 闇文明 (8)
クリーチャー:デーモン・コマンド/モンスター 12000
ブロッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札をシャッフルする。その後、自分の山札の上から3枚を、このクリーチャーの下に置く。(裏向きのまま、見ないで置く)
このクリーチャーがタップした時、下に重ねたカードを1枚見ないで選び、自分の墓地に置いてもよい。それが呪文なら、墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。
呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。

DMEX-08で登場したデーモン・コマンド/モンスター

基礎スペックは8コストパワー12000のブロッカーT・ブレイカー持ちで、cipで山札をシャッフルして上から3枚を自身の下に仕込める。
そしてタップ時には自身の下にあるカードを墓地送りにし、それが呪文ならコスト踏み倒し唱えることができる。

《不夜城艦 クランヴィア》上位種といえる能力。あちらとは違い、唱える呪文がランダムであるため、不発に終わる可能性がある。確実に山札から3枚のカードを置けるようにもなっているが、呪文ベースのデッキでない限り不発に終わる可能性が高まるだけなので、ありがたいものではない。
また、「タップした時」と条件が緩くなっているが、かわりにコストが倍になっている。

アンタッチャブル持ちのファッティかつブロッカーであることは評価点。種族も優秀な方であるため、呪文は唱えられたらラッキーと考えて闇絡みのコントロール系のデッキで運用してもいいだろう。

  • コラボカードの一つで、コラボ元になったのはTSRのテーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に登場するモンスター『ビホルダー』。
    • もともとビホルダーは『D&D』に出てくるオリジナルモンスターであったのだが、その特徴的な外観から人気が高く、他のファンタジー作品でもそのままの姿で登場することが多かった。そのため著作権的に厳しく取り締まられているという経緯を持っている。なお、現在の著作権保有者はD&Dの版権元であるTSR社を買収したWizards of the Coast社であり、このカードに関しては問題はない。

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集