粛清者(しゅくせいしゃ)モーリッツ》 [編集]

粛清者モーリッツ R 光文明 (4)
クリーチャー:ソルトルーパー 3000
メタモーフ
MM−このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

DM-14で登場したソルトルーパー

メタモーフで、自分のクリーチャーがすべて《雷光の使徒ミール》になるシステムクリーチャー
序盤にマナを加速し、中盤以降に相手クリーチャー制圧するタイプのデッキに向いている。

《死神明王バロム・モナーク》《偽りの悪魔神 バロム・ミステリー》との相性は良好。展開と同時にタップ出来るので、連鎖的にクリーチャーコスト踏み倒しできる。

また、この能力S・トリガーニンジャ・ストライクなどのコスト踏み倒しで出たクリーチャーにも反応する。運よく相手ターン中にそれらを出せれば、守りにも一役買うことができる。

バトルに関連する能力を使うならば、このカードのお世話になることもあるだろう。地味ながらなかなか面白い動きをしてくれるカードである。

環境において [編集]

古くは聖拳編【マナソース】で使われ、極神編環境では【ネクラガーディアン】で使われた。

戦国編環境からは【ギャラクシーコントロール】【キング・アルカディアス】系統など白黒緑コントロールロック系統で需要が生まれ、【キング・アルカディアス】系統は神化編環境まで使われた。

以降、覚醒編での【シノビドルゲーザ】で細々と使われていたが、エピソード1環境【ネクラ超次元】が成立するとそちらのパーツとして再浮上。

エピソード3以降は高速化によって環境から姿を消した。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-12
    何がおこってもおかしくない!それがブラックボックス!
  • DMPP-06
    一寸の虫にも五分の魂。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]