終末の監視者(ラグナロク) ジ・ウォッチ》 [編集]

終末の監視者 ジ・ウォッチ SR 水文明 (10)
クリーチャー:アウトレイジMAX 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、または攻撃する時、クリーチャーを2体まで選び、持ち主の手札に戻す。
相手のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または相手が呪文を唱えた時、ターンの残りをとばしてもよい。

DMEX-06で登場したアウトレイジMAX
アタックトリガー召喚時限定のcipクリーチャー2体をバウンスすることができる。さらに相手がクリーチャーを場に出すか呪文を唱えた時に任意ターンの残りをとばす能力を持つ。

ライバルとして、1コスト上には《完全不明》が存在する。
このマナ帯で1コストの差というのはあまり大きな差に見えないが、後述するようにこの差が大きく響くこともある。
能力は、相手がクリーチャー召喚したり呪文を唱えたりしたらターンを飛ばせる点が共通している。
だが、あちらは相手がカードマナに置く、あるいは攻撃するだけでもターンを飛ばせるため、相手ターン中のロックとしてはこちらより上。
対してこちらは自分のターンターンの残りをとばすこともできる。自分のターン中に相手がクリーチャーを出した場合、非ターン・プレイヤー解決前に相手にターンを渡すことで、cip等の能力の発動を不発にできる。しかも任意のため、かなり融通が利く。
加えて召喚だけでなくバトルゾーンに出ることにも反応するので、召喚であるS・トリガー獣ニンジャ・ストライク等はもちろん、革命0トリガー侵略ZEROにも対応可能。コマンドクリーチャーS・トリガー獣ニンジャ・ストライクなどからの禁断解放を防げるというのは珍しいのでうまく活用したい。
しかし、呪文の解決を防ぐことは出来ず、《デーモン・ハンド》などを使われた場合は、こちらのクリーチャーの除去は免れない。

また、ターンのスキップとバウンスは噛み合っており、クリーチャー手札に戻されると相手は1ターンに1体ずつしか場に出せなくなる。また、自分のクリーチャーも手札に戻せるので、自分のクリーチャーのcipを使いまわしたり、攻撃中のこのクリーチャー自身をバウンスしたりできる。
強力なロック能力を持つカードはロックしか能力を持たないことが多いが、このカードはバウンスを持つため場に出す際の隙が少ないのは大きなメリット。
攻撃時にもバウンスが使えるので、新たに登場したクリーチャーを次々に戻すことで継続的に相手の展開を妨害できる。

踏み倒しをせずとも、2→4→6→10というマナカーブができればかなり早い段階で召喚でき、《完全不明》との差別化にもなる。
特に《剛撃古龍テラネスク》《コレンココ・タンク》とは相性がよく、マナブーストで6→10と伸ばして召喚をアシストできる。これらをこのカード効果で手札に戻せれば、今度は手札補充として再利用できる。
《マナゴリラ》も進化元ごとバウンスすることで、間接的にマナのカードを回収できるので相性がいい。
ただ、相手が大量展開した後だとバウンスが追いつかず、攻撃を防げないことも考えられるので注意。

踏み倒しで使うなら、召喚cipが使えない分大抵は《完全不明》に劣るが、アウトレイジなので《無限皇 ジャッキー》《無法のレイジ・エッグ》で出せる。
また、コスト10であるため《スペリオル・シルキード》離れた時効果や、《Dの機関 オール・フォー・ワン》Dスイッチ《族長の魂友 ワチャゴナ》《D2M2 ドグライーター》破壊コストにすることで出せる範囲でもある。

コストが重いので、ビートダウン相手では間に合わない場合も多い。ループ系統にはこのカード能力を解決する前に負けてしまうこともあるので、そういうデッキに対しては《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》などのメタカードも並べておきたい。

一応パワー12000以上サポートの範囲内なので青緑【ゲイル・ヴェスパー】では採用が考慮される。ただ、パワーが同じ《ボルシャック・ドギラゴン》の革命0トリガーからの効果バトルを防ぐと後述のように自分のターンがスキップされてしまうため、あちらに対しては有利でも不利でもある。

このように、出せば間違いなく強力なカードだが、バトルゾーンに出すギミックをしっかりしないと持て余すことになる。
《完全不明》と同様に、上級者向けのカードと言えるだろう。

ルール [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]