緊縛(きんばく)(かげ)バインド・シャドウ》 [編集]

緊縛の影バインド・シャドウ C 闇文明 (1)
クリーチャー:ゴースト 1000
このクリーチャーはタップしてバトルゾーンに置かれる。
闇のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに置かれる。

DM-16で登場したゴースト
自身を含む全てのクリーチャータップインさせる置換効果を持つ。

《闇戦士ザビ・クロー》と並んで数少ない1コストで2ターン目に攻撃できるクリーチャーなので、入りの【速攻】においてしばしば採用される。
デメリット墓地進化と噛み合わないこと以外はほぼ気にならなく、むしろ相手の《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》《墓守の鐘ベルリン》などの厄介なを含むブロッカータップインできるというメリットになる。特に《超次元フェアリー・ホール》《超次元リバイヴ・ホール》からの《勝利のガイアール・カイザー》腐り易くなるのは大きい。

ドラゴン・サーガ環境まではデメリットに味方を巻き込んでも2ターン目から3ターン目辺りまでは同型でもない限りほぼ殴り返しを受けることはなかった。1ターン目のこのカードと3ターン目の《停滞の影タイム・トリッパー》で妨害と速攻を両立させるのが【黒緑速攻】における強力な動きの1つであった。

また、低コストゴーストということで《恐慌の魔黒デス・スペクター》などの進化元として使われることもある。

  • 発売当初から長年全く光の当たらないカードだったが、覚醒編あたりから【墓地進化速攻】に投入され、注目されるようになった。コモンとはいえ古い弾のカードなので入手困難になっていたが、DMX-12で待望の再録となった。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

DMPP-09にてアンコモンとなって登場。コスト1の闇クリーチャーなので、こちらでも【黒緑速攻】で活躍した。

バトルゾーンに存在する間は、後述の不具合は発生しないため、相手の《暗黒凰ゼロ・フェニックス》タップインで1ターン遅延することはできる。

ルール [編集]

アンタップしている《緊縛の影バインド・シャドウ》を進化元にして、闇文明を持つ進化クリーチャーをバトルゾーンに出すと、出てくる進化クリーチャーは《緊縛の影バインド・シャドウ》の能力によりタップインする。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-16
    あまりのおぞましさに皆逃げ惑った。
  • DMX-12DMPP-09
    こう見えて、結構やるんだぜ。――緊縛の影バインド・シャドウ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]