罪無(クライム) ソフビ(ガイ) [編集]

罪無 ソフビ垓 C 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴースト/チーム零 3000
<ムゲンクライム>2(自分のクリーチャーを2体タップし、[闇(2)]支払って、このクリーチャーを自分の手札または墓地から召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ、そのクリーチャーのパワーを-3000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMRP-16で登場したゴースト/チーム零

cipパワー低下-3000するムゲンクライム2。

コストに対して効果が地味なのでムゲンクライムで出すことが前提になる。
《罪無 メリゴ垓》なら同じムゲンクライムコストパワーを最低でも-4000できるため、こちらを使う意味は薄い。
しかしコストが5であるため《ワナビーワラビー》などの踏み倒しに引っ掛からない利点もある。

使うのであれば種族ゴーストを活かす必要があるだろう。
ムゲンクライム2で《拷問の影カワハギ・ジャケット》リアニメイトを発動出来ることや、《絶望の魔黒ジャックバイパー》《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》《恐慌の魔黒デス・スペクター》に進化してムゲンクライムでタップしたゴーストをスレイヤーにして牽制したりなど古いながら様々なコンボやフィニッシャー足り得る進化獣を扱えるようになる。

シールド戦でも除去ができる時点で採用圏内。同フォーマットでは《指示虫アロー・ワーム》が除去範囲に入る主なクリーチャーとなり、クリーチャーへの殴り返しを阻止するあちらへの対処となるだろう。

  • カード名の「ソフビ」は「ソフトビニール」の略で、バンダイから発売している玩具の略称でもあり、主に「ソフビ人形」という使われ方をする。
    • 人形から連想する種族はデスパペットだが、ソフビと雑把に指している事や《光線人形ストリウム》等が既に存在するからか、モチーフはウルトラマンではない。
    • 種族にゴーストを持つ点、パーカーを着ている点、霊魂が背後にデザインされている点や、モチーフであるスマートウォッチの造形と酷似している点、腰部のシンボリックアイコンからパロディ元はソフビ人形にもなっている「仮面ライダーゴースト」の仮面ライダーゴースト及び「仮面ライダージオウ」の仮面ライダーウォズと思われる。
    • 他に仮面ライダーがパロディ元になったクリーチャーは《音速 ドライブ》等が存在する。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]