聖板龍(せいばんりゅう) ジークシュトルツ》 [編集]

聖板龍 ジークシュトルツ SR 光文明 (7)
クリーチャー:バーサーカー・ドラゴン/暴拳王国 11000
ブロッカー
W・ブレイカー
相手のシールドゾーンにある表向きのカードの能力を無視する。
相手は、自身のシールドゾーンにある表向きのカードを手札に加える時、その「S・トリガー」を使えない。
<アバレチェーン>自分のクリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら、相手のクリーチャーを1体選び、表向きのまま、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。

DMRP-16で登場したバーサーカー・ドラゴン/暴拳王国
ギャラクシーGOシールド・ゴー系統に対する強烈なメタ能力を持つ。さらに「シールドカード」ではなく「シールドゾーンのカード」を指定しているため要塞化しているも対象。

アバレチェーンは相手のクリーチャーを1体シールド送りにする。

《猟奇と耽美の人形劇》手札からシールド送りにしたS・トリガーを安全に処理して1ショットキルを決めるためにも悪くはない。

《殴厳!暴拳MAX》とも、表向きシールド送りにするクリーチャーを無力化できるという点で相性が良い。

  • シールド・ゴー持ちのクリーチャーの多くが併せ持つ「表向きでシールドゾーンにある時」のメタになるため、シールド・ゴー戦略への対策として有効に見える。
    だがシールド・ゴーという能力自体のメタにはならない。シールド・ゴーのシールドゾーンに置く能力も使うことができ、それどころかシールド・ゴーのシールドゾーンを離れる時の置換効果が発生するデメリットがなくなる。「表向きでシールドゾーンにある時」の能力を持たないシールド・ゴー持ちクリーチャーに対しては逆にメリットだけ与えてしまうことになる。
  • 裁きの紋章にはあまり刺さらない。シールドゾーン以外のカードの効果で表向きのシールドをいくらでも利用できるため、手札で発動する能力であるサバキZには無力。

ルール [編集]

  • 表向きでカードがシールドゾーンに置かれる時、能力が無視される効果はカードがあるゾーンに置かれる瞬間にすぐ適用され、本来の特性のままでそのゾーンに置かれることはない(総合ルール 603.5b)。
    • なので「表向きでシールドゾーンに置かれた時」という誘発型能力は使うことができない。
    • また、《ジークシュトルツ》が出る場合でも同様なため、すでに働いている「このカードが自分のシールドゾーンに表向きであれば」という常在型能力は能力が無視されてから《ジークシュトルツ》が出ることになる。
  • 逆に、「シールドゾーンを離れた時」の能力は無視される。これも過去の状態を見るルールによって、シールドゾーンでの能力としてみなされるからである。
  • 手札などに存在する、ギャラクシールドの「コストを支払ってシールドゾーンに置く」能力は使うことができる。
    • 単純なシールド追加として使われ時間稼ぎされたり、シールドゾーンに置いた後に《ジークシュトルツ》を除去して一気にギャラクシーGOを復活させられたりする可能性があるので注意。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》に送り込まれた暴拳王国の監視役。
敗北を嫌い、敗北しないために戦いそのものを無かった事にする。コンピューターゲームの通信プレイにおける切断厨という言葉がわかりやすいか。

《剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ》を操り、《ゴリオ・ブゴリ》らしからぬ奸計も用いて《爆龍皇 ダイナボルト》を追いつめるも、卑劣な行為に激怒した《ダイナボルト》の光速攻撃で戦いを無かった事にする宣言を言い終える前にワンパンで打ち砕かれた。

  • 洗脳に事象改変と相手が悪かっただけでかなり強力な能力を持っていたが、翌年には更なる脅威が登場する事となる。

その他 [編集]

  • 「ジーク・シュトルツ」とはドイツ語で「誇りある勝利」の意。暴拳王国の信条そのものである。
  • 先述の通り、チーム銀河を執拗なまでに妨害する能力を持つ。何故背景ストーリー上でチーム銀河と対立していた月光王国ではなく暴拳王国所属のこのクリーチャーがこのような能力を持っているかは不明。(ただし《ジークシュトルツ》は、種族こそは暴拳王国だが、背景ストーリー上は鬼札王国から派遣された監視龍である。)
    • 完全なメタカードを使用して得た勝利は「誇りある勝利」ではないのではという考察もある。
  • 余談だが、「S・トリガー」が使えないという能力の記述は不要ではないかという考え方がある。S・トリガー使用宣言をする段階でも能力が無視されている状態が継続されている可能性があるため。なんにせよ、《ジークシュトルツ》には『シールドゾーンにある表向きのカードを手札に加える時、その「S・トリガー」を使えない』能力があるため、今後どのような裁定変更があったとしてもS・トリガーは使えないことには変わらない。
    • なお、何らかの効果で、「呪文を唱えられない効果を無視する」「S・トリガーを使えない効果を無視する」ことになれば、S・トリガーは使うことができる。《卍 新世壊 卍》《音響の精霊ルルフーラ》で実現できる。

サイクル [編集]

DMRP-16で登場したドラゴンサイクル

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-16
    そのが奪いしは、勝利の価値。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手のシールドゾーンに、《凄惨なる牙 パラノーマル》が4枚表向きで置かれています。自分は《聖板龍 ジークシュトルツ》をバトルゾーンに出しました。《凄惨なる牙 パラノーマル》4枚によるパワーマイナス12000と、《聖板龍 ジークシュトルツ》の「無視する」能力は、どちらが優先されますか?
A.《聖板龍 ジークシュトルツ》の「無視する」能力が優先されます。その状況で《聖板龍 ジークシュトルツ》のパワーはマイナスされないので、破壊されません。(総合ルール 101.2)
引用元

Q.自分の《聖板龍 ジークシュトルツ》がバトルゾーンにいる状況です。相手の要塞化されている城のテキストにある「「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う」も無視されますか?
A.いいえ、そのテキストは注釈であり、能力ではないので無視されません。城を墓地に置く前に「S・トリガー」の処理を行ってください。(総合ルール 703.4k)
引用元

Q.相手の《聖板龍 ジークシュトルツ》がバトルゾーンにいる状況です。自分のシールドゾーンに表向きで2枚重ねられている《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》を、2枚同時に手札に加えました。自分は《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》を1枚捨てて、《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》を「サバキZ」能力で唱えられますか?
A.はい、唱えられます。「サバキZ」能力は手札に移動したあとでトリガーします。
引用元

Q.自分の《聖板龍 ジークシュトルツ》の「アバレチェーン」能力で、相手の《伝説の禁断 ドキンダムX》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を選び、表向きのままシールドゾーンに置いた場合、それらが持つ「このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば」の能力はどうなりますか?
A.相手のシールドゾーンにある表向きのカードの能力は無視されるので、《聖板龍 ジークシュトルツ》がバトルゾーンを離れるまで、何も起こりません。
引用元