聖獣王(せいじゅうおう)ペガサス》 [編集]

聖獣王ペガサス SR 光/自然文明 (6)
進化クリーチャー:セイント・ペガサス 12000
進化V−自分のホーン・ビースト1体とエンジェル・コマンド1体を重ねた上に置く。
このクリーチャーが攻撃した時またはバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それが進化クリーチャー以外のクリーチャーであれば、バトルゾーンに出す。それ以外のカードであれば、自分の手札に加える。
T・ブレイカー

DM-12で登場した進化Vセイント・ペガサス

攻撃する時と除去された時に山札の上から1枚目を表向きにし、それが非進化クリーチャーならばコスト踏み倒しバトルゾーンに出し、そうでないならば手札に加える。
文明自然文明の戦略の1つである「クリーチャー数で勝負」を具現化したかのようなカード。6コストでありながらT・ブレイカーでもあり、相手のシールドも打ち破っていける。

進化元は2種類とも中・重量級の多い種族であり、揃えることはなかなか難しい。だがその分能力は強力で、アタックトリガー非進化クリーチャー山札の上からコスト踏み倒しすることができる。クリーチャー以外のカードだった場合でも手札に加えることができ、最低限のアドバンテージは稼げる。このコスト踏み倒し種族コストを問わずに出せるが、そのためにデッキスロットを割くと今度は進化しづらくなり本末転倒。そのため、このカードをメインにしたデッキは構築が非常に難しい。

進化元として使えそうなホーン・ビーストは軽い《突進するシシガミ・ホーン》サーチ内蔵の《躍動するジオ・ホーン》《鳴動するギガ・ホーン》、条件を満たせば擬似的にノーコストとなる《賢察するエンシェント・ホーン》等が存在する。
特に《怒号するグリンド・ホーン》の登場は嬉しく、必須と言っていい。

エンジェル・コマンド《白騎士の精霊レオニダス》など4コストのものが増えている他、場持ちのいい《我牙の精霊 HEIKE・XX》や、《時空の霊魔シュヴァル》を出せる《光流の精霊ガガ・カリーナ》がいるため、組むならばそちらを主体にしてデッキを組むと良いだろう。
またエンジェル・コマンド・ドラゴンも進化元として優秀なクリーチャーが多い。《指令の精霊龍 コマンデュオ》《真紅の精霊龍 レッドローズ》の登場により《勇猛幻風グリタリス》と組み合わせて1ターンで進化元を確保することも可能になった。《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》は、このクリーチャーそのものも出すことができるため非常に相性が良い。

さらに新章デュエル・マスターズ以降のカード群は《怒号するグリンド・ホーン》を始め、相性が良いものが多く、このカードの評価も相対的に押し上げた。
特に超天篇で登場した《生命と大地と轟破の決断》は、《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》《鳴動するギガ・ホーン》を同時に出すことができ、このカードをサーチしつつ即座に進化させることが可能。

登場当時と比べると出しやすさも扱いやすさも格段に上がっている。専用デッキについては【聖獣王ペガサス】を参照のこと。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

聖獣王ペガサス SR 光/自然文明 (5)
進化クリーチャー:セイント・ペガサス 12000
進化V−自分のガーディアン1体と自然のクリーチャー1体
攻撃する時またはバトルゾーンを離れた時、自分の山札からランダムな進化でないクリーチャー1枚をバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー

進化元がガーディアン1体と自然のクリーチャー1体への変更、コストが6から5への変更、山札の上から1枚目から山札全体からランダムに選択される変更がなされた。

進化元の条件はかなり緩くなり、一仕事終えた《青銅の鎧》を進化元にできるようになった。
同じ弾で登場した《勇猛護聖ウォルポニカ》ガーディアン自然のどちらの進化元にもできるため相性がいい。

1~2ターン目にガーディアンを1体出し、3ターン目に《青銅の鎧》を出せば、最速4ターン目に降臨できる。

踏み倒しも、山札クリーチャーが残っていれば、確実に呼び出せるようになった。この変更によりデッキフルクリーチャーに寄せなくても能力が機能するようになった。出せるクリーチャーはランダムで選ばれるため山札操作と組み合わせる展望が失われたが、DMPP-05時点では1枚しか山札を見れない上に進化元にもならない《ロイヤル・アドニス》と、踏み倒し対象外の《パッピ・ラッピー》《クラゲン》しかいなかったので、DMPP-05時点ではデメリットとして機能することはない。そもそも、進化Vという手間を考えれば、山札操作をしている暇はほとんどないため、今後も大したデメリットとして機能することはないだろう。

進化元となるクリーチャーもコスト踏み倒しで出てくる可能性があることを考慮すると、《電磁無頼アカシック・サード》のように目当てのクリーチャーを出すのではなく、単純に頭数を増やす目的で使われることになるだろう。

4、5ターン目にパワー12000のT・ブレイカーが飛んでくるのは脅威で、火力バトルで早々倒されることもない。進化元になったクリーチャーの損失も、踏み倒し効果ですぐに取り戻すことができるので、ビートダウンが有効に働く。除去されても踏み倒しが行えるので、進化元の緩さも相まって、2体目以降の《ペガサス》を難なく降臨させることもできる。

  • 「超獣世界に生きている全ての物を合わせたよりも膨大」と評される程の生命エネルギーを有しており、その生命の力によってフィオナの森ファイアー・バード等新たな命を産み出した。死後もその生命エネルギーは残留していたらしく、戦禍で焼け果てたフィオナの森を回復させた。
    • この背景ストーリーは、対戦で《アポカリプス・デイ》が打たれて《ペガサス》を含むクリーチャーが全滅したとき、次のクリーチャーを1体踏み倒して出す様子と一致している。
  • ガーディアンが進化元となっているためか、他の五大王と違いこのクリーチャーだけは背景ストーリーにおいて他のクリーチャーを攻撃するなどの破壊活動をしていない。召喚ボイスは「全ての生命を私が救おう!」となっているが、同じく全ての生命を救うべく戦う《龍炎鳳エターナル・フェニックス》には敵と見なされているようである。この事や攻撃時の「逆らう者に制裁を」というボイスから、同じガーディアン進化である《「無情」の極 シャングリラ》に繋がる独善的な救済をしようとしているのではないかという考察もあるが、真相判明前に六王大戦が終了してしまった。
+  折りたたみ

サイクル [編集]

DM-12DMPP-05多色進化Vクリーチャーサイクル
背景ストーリーにおいて、TCG版では5体の「王」、デュエプレでは五大王と呼称される。

関連カード [編集]

背景ストーリーのラスボス的存在 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-05
    フィオナの森から突如現れた聖獣王。放出される生命エネルギーは、超獣世界に生きているすべてのものを合わせたよりも膨大であった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]

}}