聖霊王(せいれいおう)アルカディアス》 [編集]

聖霊王アルカディアス VR 光文明 (6)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 12500
進化−自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
W・ブレイカー
誰も光以外の呪文を唱えられない。

DM-04で登場した初代進化エンジェル・コマンド

お互いの以外の呪文の使用を制限する能力を持つ。

全体的に重いエンジェル・コマンド進化元であるため少々使いづらいが、システムクリーチャーとして有用。
未だ高い人気を誇るのカリスマ的存在であり、カードイラストの種類も多い。

ロックするのは互いの以外の呪文の詠唱で、【除去コントロール】デッキ呪文キーカードに置くコンボデッキなどにはかなり刺さる。呪文を使わずにパワー10000を超えるファッティの相手をするのは容易ではない。ただし、を含む多色呪文なら使えるなど抜け道もある。《超次元ガード・ホール》から出てきた《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》などに狙われることがあるのは《聖霊王アルファディオス》と同様である。

《神令の精霊ウルテミス》の登場以降進化元の軽量化が進むなど、種族としてのエンジェル・コマンドの戦力は向上している。《聖霊王エルフェウス》と組んだ総合的なエンジェル・コマンドデッキフィニッシャーとしての運用が見込まれる。

他にも【レオパルド・グローリーソード】デッキの選択肢の1つとして用いられる。
また、僅か500の差でヘヴィメタル《轟く侵略 レッドゾーン》を討ち取れるのも少なからぬ魅力である。ただし後者の場合はcip除去される恐れがある。

  • 上記の通り再録が多いため、イラストの種類は8種類、仕様の違いを含めると11種類ものカードが存在する。関連カードまで含めると20枚程になるので、ややコレクター泣かせである。
  • アルカディア(Arcadia)とは、英語で「純朴」「平和な理想郷」の意味。古代ギリシアの「牧歌的田園」を示すこともある。
  • 漫画「デュエル・マスターズ」ではバトルアリーナ編での牛次郎戦で白凰が初使用。白凰家に伝わる光のカードの1つであり、S・トリガーを封じて決着をつけた。以降、彼の切り札の1つとして度々登場する事となった。
  • スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」では、《浄化の精霊ウルス》から進化させることで入手できるクリーチャーとして出演した。スキル名は「聖霊光」、リーダースキル名は「アルカディアスの輝き」。
  • DMX-12では、人間の顔と体の一部を晒したアルトアート版で収録。
    担当したイラストレーターである武井宏之氏の代表作『シャーマンキング』及びフレーバーテキストから、「オーバーソウルver」と呼ばれる事も。
  • 2017年5月30日のデュエマ15周年を記念した真木孝一郎氏のTwitterによると、開発当初の段階では名前が精霊王アルカディアスとなる予定だったらしい。同弾発売だった《悪魔神バロム》とは異なり、比較的そのままの名前で発売された。参考
  • フレーバーテキストでは、光ではないものを「邪悪」と断定する様子が見られる。自身の文明以外を問答無用で否定する思想は、否定される側から見ればそれこそ邪悪なのだが。
    • もっともこれは創作の天使の多くに見られる性格であり、実際の天使が属する一神教も他宗教を弾圧してきた背景も考えるとある意味天使らしいフレーバーとも考えられる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

聖霊王アルカディアス SR 光文明 (6)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 11500
進化-エンジェル・コマンド
W・ブレイカー
誰も光以外の呪文を唱えられない。

光文明を代表する看板クリーチャーとしてスーパーレアで登場し、シークレットカードも収録されている。呪文ロック能力はそのままだが、パワーが11500へと下方修正された。パワーが12500のままだと、DMPP-01時点で同名クリーチャーの相打ちでしかバトルで負けなくなってしまうからだろう。

なお、当時のTCG版には存在していなかった《光輪の精霊 ピカリエ》《青嵐の精霊バルキア》といった非大型エンジェル・コマンドも登場弾に収録されているため、場に出しやすくなっている。

弱点としては、自分も《デーモン・ハンド》《エナジー・ライト》といった光以外の呪文が使えなくなってしまうことと、相手の《ホーリー・スパーク》《アポカリプス・デイ》といった光の呪文を許してしまうことが挙げられる。

関連カード [編集]

このカードを使用する代表的なデッキ [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]