聖騎士(せいきし)ヴォイジャー》 [編集]

聖騎士ヴォイジャー UC 光文明 (4)
クリーチャー:レインボー・ファントム 3000
進化クリーチャーを召喚する時、支払うコストは最大2少なくなる。ただしコストは1より少なくならない。

DM-17で登場したレインボー・ファントム
進化クリーチャーコストをかなり下げることが出来る。
普通は敵方にも能力が働いてしまうため使うことは少ないが、【レオパルド・グローリーソード】ではいい働きをしてくれるかもしれない。

  • ヴォイジャー(voyager)は航海者の意。また、宇宙に関する名前を持つレインボー・ファントムが多いことから、アメリカの惑星探査機「ヴォイジャー」が由来なのかもしれない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

聖騎士ヴォイジャー R 光文明 (4)
クリーチャー:レインボー・ファントム 3000
バトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。
自分のエンジェル・コマンドの召喚コストを2少なくする。ただし、そのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。

コスト軽減対象がエンジェル・コマンドに変更され、さらにcipでカードを1枚引けるようになった。

4ターン目にこのクリーチャーを出せれば、5ターン目に《光輪の精霊 ピカリエ》《聖霊王エルフェウス》の動きが可能。

無視できない強力なコスト軽減能力を持つシステムクリーチャーながらcipでひと仕事行うため即除去されても被害が少なく非常に優秀。軽減対象は異なるが、同コストの軽減クリーチャーである《ペッペ・パイン》とは比べるまでもない。
欠点があるとすればレインボー・ファントムという種族の弱さか。

  • プライズ版のイラストは漫画「七つの大罪」のエリザベスとなっている。

環境において [編集]

《聖霊王アルファディオス》と同時にDMPP-06で登場した。当時は《フェアリー・ギフト》が未登場だったため、《アルファディオス》デッキを組む場合は《ヴォイジャー》は必要不可欠だった。

第2回BATTLE ARENAでは、《ヴォイジャー》を起点に展開していくアウゼスコントロールの使用率が2位と環境の一角として存在していた。

しかし、新規のエンジェル・コマンドは次弾のDMPP-07《魔聖デス・アルカディア》1体のみ、DMPP-08では3体、DMPP-08EXでは0体と対象の種類自体は不遇な時期を過ごした。
特に《超神星》組が猛威を振るうDMPP-07期は《アルファディオス》では《ヴォイジャー》込みでも重すぎて間に合わないことから【エンジェル・コマンド】はほとんど見られなくなっていた。

にもかかわらず、《ヴォイジャー》はDMPP-08EXごろに脚光を浴びる。この時期は【アガピトスエンジン】がトップメタだった時期で、《連珠の精霊アガピトス》さえ軽減できれば良いという理由で《ヴォイジャー》を採用したデッキも存在していた。それほどまでに《アガピトス》が強力であったといえる。
最終的に、一般的な【アガピトスエンジン】からは《ヴォイジャー》は抜けていったが、種族デッキではないものに《ヴォイジャー》を入れるというノウハウはここで培われていたといえる。

DMPP-09では、新規に《聖鎧亜キング・アルカディアス》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《機動聖霊ムゲン・イングマール》《金色の精霊クロスヘイム》が追加された。

DMPP-09実装の2週間後、《アガピトス》などにナーフが実施されたが、それでも《アガピトス》は十分実用に足る性能であり、《アガピトス》と《聖鎧亜アルカディアス》夫妻を軽減できる《ヴォイジャー》は依然として採用され続けている。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-17
    ヴォイジャーの導く先に奇跡は起こる。
  • DMPP-06
    虹纏う聖騎士は聖霊王復活の標を紡ぎだす。
  • プライズ
    たとえ世界中を敵に回しても・・・私は最後まで信じます。――エリザベス

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]