(せい)()(れん)(けつ)(おう) ドルファディロム》 [編集]

聖魔連結王 ドルファディロム KGM 光/闇/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド 13500
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く。)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、相手の多色ではないクリーチャーをすべて破壊する。
相手は多色ではない呪文を唱えられない。

デュエル・マスターズ20周年記念! やったぜ! キングマスター確定パック!!で先行登場し、DMRP-17で収録された//ディスペクター/エンジェル・コマンド/デーモン・コマンドクリーチャー

《聖魔連結王 バロディアス》と同様、cipおよびEXライフシールドが離れた際に発動し除去を行う能力と、多色以外の呪文に強い能力を併せ持つ。
ただし、除去は範囲が「多色でないクリーチャー全て」と拡大されており、耐性に至っては選ばれないどころか唱えることを禁じるという、より強力なロック能力に変貌した。

除去能力全体除去に強化されているが、《バロディアス》と異なり多色クリーチャーを残してしまう。単色クリーチャーに対する殲滅性能では上回るが、反面あちらは多色クリーチャーでも1体は確実に処理できるという面で勝る。
とはいえ、単色相手なら例え何体並ぼうと容赦なく全滅でき、cipを免れ再度展開されてもEXライフシールドブレイクに誘発してほぼ確実にもう1度発動できるので、特に単色主体のデッキはこのクリーチャー着地した時点で迂闊な展開・攻撃を控えなければならなくなる。
先に《ドルファディロム》の直接除去を狙われても、EXライフ耐性とその消費によって誘発する全体除去の存在が非常に心強い。

多色以外の呪文に対する呪文ロックも言うまでもなく強力で、EXライフ耐性も相まって滅多なことではこのクリーチャーを排除することができなくなる。
2回の全体除去との相乗効果により、相手の動きを一方的に抑えつけることが可能。

歴代のアルカディアスバロムと異なり、全体除去呪文ロックも相手のみを対象としている。そのため、自分は気軽に単色無色クリーチャーを場に出したり呪文を唱えたりできる。

総じて、単色無色カード全般に対する強固で凶悪なメタ性能の持ち主であり、そういったカードを偏重したデッキでは、1度場に出てしまえばほぼ手が付けられない存在である。
すべてのカード無色化させる《希望のジョー星》と組み合わせるのもいいだろう。相手の全てのクリーチャーを射程に収め、全ての呪文を封じることができる。また、「でないエンジェル・コマンド」に変わるため、《ウェディング・ゲート》でのコスト踏み倒しが可能になる。
逆に、除去ロックの対象が相手のみであることから、相手に《希望のジョー星》を展開された時のメタとしても機能する。

その性質上、単色推しの年度のカードに対して強い。
例えば、直近であれば超天篇が該当する。《愛魂憎男》以外のGRクリーチャーを全て破壊し、追加のGR召喚も大きく制限することができる。
《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》などの多色ツインパクトも、クリーチャー呪文としてはそれぞれ単色なので、このクリーチャー能力で問題なく抑え込めるというわけである。

さらに、文明を含んでいるため、【5色蒼龍】にも持ってこいのスペック
パワーも13500もあるので、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》にもバトルで勝てるのも評価点。
また、EXライフスピードアタッカーT・ブレイカーも併せ持っているため、多色を相手にしても純粋に高いビートダウン性能で押すことができる。
パワー《灰燼と天門の儀式》での効果バトルに活かすのも悪くない。

総じて、書いてある事全てが分かりやすく強力カードである。
このカード1枚の登場で、これまで「地雷」の地位に甘んじていた【5色コントロール】系統のデッキ環境における地位を一気に環境上位にまで押し上げ、あらゆるクリーチャー呪文の評価項目に「多色か否か」が追加されたと言えば、その強力さがわかるだろう。

ただ、無敵というわけではなく、強力な全体除去も使用できるのがcipEXライフ消費時の2回だけであることと、相手クリーチャー能力着地を防ぐような能力は持っていないことが弱点となる。そのため、S・トリガー獣等のこちらのターンに登場してこのクリーチャー除去できるようなクリーチャーには要注意。こちらのターン中にEXライフシールドを消費させられてしまうことで、次の相手ターンにある程度余裕をもって盤面を立て直すチャンスを与えてしまう。EXライフシールドが無ければ当然全体除去も使用できないので、特に攻撃するタイミングは慎重に見極めたい。

環境において [編集]

登場早々オリジナルでは【5色蒼龍】の、アドバンスでは【5色グレンモルト】のパーツとして活躍し、【5色コントロール】を中心に活躍。

このカードが収録されたDMRP-17は他に《灰燼と天門の儀式》《龍風混成 ザーディクリカ》を擁しており、を含む3色カードがこのように充実したことにより【5色コントロール】は光のマナ基盤に困らなくなったと言える。

このクリーチャー多色呪文クリーチャーには効果が薄く、それ故に環境に【5色コントロール】系統を大量に呼び込み、2021年のゴールデンウィークの頃にはチャンピオンシップで【5色コントロール】を見かけない日が無くなった。
特に単色を一掃する性質上【鬼羅.Star】系統には滅法強い。

除去の刺さりが悪いと見られていた【赤青ドギラゴン閃】にしても、《灰燼と天門の儀式》での効果バトルや相方の《龍風混成 ザーディクリカ》火力で十分多色クリーチャーに対処できる。

【5色コントロール】の中でもドラゴン寄りの構築に強い。というのも、ドラゴン比率の高いデッキは初動やリソース防御札を担う呪文面を持ったツインパクトドラゴンの採用率が高く、ツインパクトの呪文面=単色呪文に対してこのカードによる呪文ロック刺さるのである。

DMSP-04期のオリジナル環境では5枚目の《竜魔神王バルカディア・NEX》として【青黒退化】に投入されるケースもあった。

その他 [編集]

超獣王来列伝に予告されていたディスペクター[1]
天聖王霊王アルファディオス》と「悪魔の王にしてそのもの」《悪ドルロムを合成した『連結』ディスペクター

+  合成元との関係

デュエチューブで開発秘話が語られたディスペクターの1体。Deadmanによると、「王来篇第一弾ということで『分かりやすく強い方』がいいんじゃないか」ということで、《アルファディオス》の対となる《ドルバロム》が合成相手に選ばれたという。

  • が追加されていることに関しては、先述の通り王来篇3色にフォーカスしたシリーズとするために割り振られた、というのが理由の様だ。
    • そのDeadmanからは「説明する必要のないくらい強い」と言われ、チアリに至っては「(環境が)これを中心に回ってる」とまで評している。
    • また別の動画では、EXライフシールドが離れることでも全体除去が発動するため、アニメや漫画でのデュエマ進行表を考えるのが大変だったともこぼしている。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

破壊の創造主。相食んで連結された存在。それこそが、聖魔連結王。

超獣王来列伝を手にしたモモキングら各文明の代表者を襲撃した。
当初は圧倒するも、世界の記憶に触れたことでスター進化の力を手にした《王来英雄 モモキングRX》(と彼が進化した《ボルシャック・モモキングNEX》)により、《ドルファディロム砲》を相殺される。反撃で死亡したかに思われたが、EXライフにより即座に再生し、再度の《ドルファディロム砲》でカウンターを浴びせる。
追撃の《ドルファディロム砲》をかわし懐に潜り込んだモモキングを今度こそ倒すべく必殺の《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》を使うも、駆け付けた《モンキッド <ライゾウ.Star>》に防がれモモキングの刀で両断される。これにより「天聖王」の魂は無事超獣王来烈伝へと還り、後に世界の滅亡を止めるためドキンダンテと戦うモモキング新たな力を託す

アニメ・漫画などでの活躍 [編集]

アニメ「デュエル・マスターズ キング!」1話では切札 ジョーの夢の中で登場。《ボルシャック・モモキングNEX》と衝突したところでジョーの目が覚めた。

漫画「デュエル・マスターズキング」でジェンドル鬼札 アバクとの対戦で使用。
cip《カンゴク入道》《キズグイ変怪》 を破壊し、バトルで《鬼ヶ羅刹 ジャオウガ》を破壊。
《百鬼の邪王門》による《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》との効果バトルにもEXライフで耐えフィニッシャーとなった。

  • 多色以外の呪文を唱えられなくする効果は、魔法陣のような[2]封印をアバクにかけることで表現している。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] ただし、情報そのものはDMSP-02の発売より先に公開されている
[2] 形状としては丸の中に正五角形があり、その中に五画で書かれた星の形をしたものがある
[3] カードイラストでは正面向きなことに加え小さく写っているため見辛いが、アニメのCGモデルなどで別のアングルから確認できる
[4] フレーバーテキストでは《アルカディアス》も《アルファディオス》と同様の「天聖王」の称号を冠して呼称される場面がある他、《ドルファディロム》を撃破した際に解放されたのも《アルカディアス》であった。そのため、少なくとも王来篇においては《アルファディオス》と《アルカディアス》は同一の存在として扱われている模様。